証券口座を集約しています

スポンサーリンク

ほんの2年ほど前までは、各証券会社により取り扱い投資信託のラインナップや販売手数料に大きな差があり、よりコストの安い投資信託を追い求めるうちにやたらと口座数が増えてしまった・・・という状況になっています。

我が家の状況
・SBI証券(海外株ファンド、海外REITファンド、海外ETF、外貨MMF)
・マネックス証券(国内株ファンド、国内ETF)
・楽天証券(海外ETF、外貨MMF)
・フィデリティ証券(新興国株ファンド)
・ジョインベスト証券(MRF)
・ソニー銀行(海外債券ファンド)

これはこれで、多くの証券会社の実際の利用者としてレビュー記事を書くことが出来るというメリットもあり良いのですが、コストが安い『STAMシリーズ』が各証券会社に出そろった現状では、もうこうやってあちこちの口座に振り分けておく時代ではないのだろうと感じています。

何より管理が面倒(そのままでは全体像を把握できないし、IDとパスワードも口座の数だけある訳ですし)。
株式の譲渡損失と配当との間の損益通算の仕組みもそのうちに(平成22年?)特定口座内だけでできるようになるようです。

と言うわけで、「やらない事を決めて効率化」と言う記事を先日書いていますが、今後は多数の証券会社の分散利用をやらない!と決めました。

 

これまでもメインに使用していましたが「SBI証券」に集約する事とし、国内株及び海外ETFは移管を予定しています(まだ書類を取り寄せたところです。後日記事にて詳しく紹介します)。
投資信託の新規積み立て分は全て変更済み。既に購入済みのものについてはそのまま保持し、海外ETFへのリレーなど何か機会があれば合わせて移動する予定です。

「SBI証券」では、海外ETFをはじめ必要なサービスは一通り揃っており、なおかつ手数料の安い点がメリットでしょうか。

SBI証券のデメリットとしては、

  • 毎週末のメンテナンスが長い
  • 海外ETFの取得価格が管理されておらず損益がweb上で把握できない
  • ドルMMFや為替取引単位が大きい

などがあげられるかと思いますが、私はしょっちゅうログインする訳でもないのでメンテはむしろしっかりやってもらった方が良いですし、海外ETFは一般口座なので最初から自分で管理しています。私にとっては特に問題となるデメリットは無い様に思いました。

他社が駄目なのかというと、そう言う理由ではないですよ。
使いやすいと感じるweb構成かどうかなど、最終的な判断には相性のようなものもあるでしょう(私は楽天証券のweb構成がどうも使いづらいです。内容は悪くないと思っていますが)。

もちろん口座は解約するわけではないので、そのうち気が変わるかもしれません。海外ETFを特定口座に入れてくれるなら、即効でそちらに移管しますが(どこか取り入れませんか?!)。

 証券会社 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください

  1. みきぱぱ より:

    こんばんわ。
    >「SBI証券」
    私も利用していますが、口座管理画面が投信、株、外貨とばらばらなのは何とかならんでしょうか。
    全資産の損益を一目で把握したいのですが・・・。

  2. あっきー より:

    はじめまして。
    いつも拝見させていただいております。
    実は、証券口座については、私も常日頃悩んでいました。(かなり優柔不断な性格だからかもしれませんが)
    かれこれ9年程前から旧イートレ(現SBI証券)と旧DLJ(現楽天証券)に口座を持ち、ずっとメインとしてはイートレを愛用してきましたが、今年の頭からメインをジョインベスト証券に移しました。
    理由は何となくweb画面の相性があったからでしょうか。
    海外ETFを取り扱っていないのが痛いですが、2009年は東証に上場することを願っております。
    他にも、カブドットコム証券、マネックス証券にも口座を持ち、取引もしていますが、やっぱり見やすさはジョインベストが気に入っています。ただ、SBI証券の昔からの愛着や画面のシンプルさも好きなので、今後はジョインベスト+SBIをうまく使い分けていきたいと思います。
    ジョインベストに求めたいことは、海外ETFの取扱と投信積立日を自由に設定させて欲しいこと。引き落としから買い付けまで期間が要し過ぎです。
    SBIに対しては、投信積立を銀行口座から直接引落を可能にして欲しいことでしょうか。住信SBIネット銀行のハイブリッド預金は使い勝手がいいですが。
    いずれにしても、ネット証券各社がより競ってサービス向上をして欲しいですね。
    それではよいお年を。

  3. じゅん@ より:

    >みきぱぱさん
    外貨も含めて、「全資産の損益を一目で把握したい」となると、現状では他社も難しいですよね。
    確かになんとかしてもらえると効率的で良いのですが。

  4. じゅん@ より:

    >あっきーさん
    はじめまして。
    使いやすい画面というのは突き詰めると最後は相性になってしまい、一般論としては語れないのかもしれませんが、いくら良いサービスでもユーザビリティが悪いと台無しになってしまう事もありますので、十分に気を配って欲しいものです。(このブログの構成も私なりには色々と気を配っているのですが、どうなのでしょう(笑))
    ジョインベスト証券は、投信の検索でインデックスファンドの一覧が出てこずに「ムッ」とした思い出があります。現在は注目キーワードという所から一覧にたどり着けるようですが。
    私もジョインベスト証券には野村系列の力を活かしたサービスの充実に期待しています。