保険の見直し(医療保険)その2

スポンサーリンク
 家計管理 

保険の見直し(医療保険)その1」の続きです。

入院時の収支については、健康保険が強力にカバーしており、民間の医療保険の保障額は、最低限で良いのではないかと言うのが前回まで。

今回は、実際に入院となると、どのような病気でどれくらいの期間を想定すれば良いのか調べてみました。

<疾患別受診割合>

疾患別受診割合
(厚生労働省平成17年 国民健康保険医療給付実態調査より作成)

国民健康保険被保険者の受診件数(一般医療、入院)を100分率で表してみました。

精神疾患での入院件数が最も多く、以下、新生物(がん)、循環器系疾患(脳血管疾患、虚血性心疾患)で半数を占めています。
精神疾患がこれほど多いというのは普段の生活からは実感がありません(今回は大雑把な傾向を知る目的なのでこれ以上詰めませんが、本当にこれが一般的な傾向かどうかは、他の統計データも含めて確認しないと判りません)。

一般には、ガン、循環器系疾患での入院を第一に想定すれば良いのではないかと思います。

ちなみに、同じ平成17年 国民健康保険医療給付実態調査によると、一日当りの診療費(一般、入院)は悪性新生物で38,371円、脳血管疾患で25,927円、虚血性心疾患で83,366円と言う具合。3割負担としても、高額療養費制度による上限が無ければ泣きを見るところです。

 

<入院期間について>

悪性新生物
脳血管疾患
(厚生労働省 平成17年患者調査より作成)

保険会社の資料では、平均入院日数として示される事が多いですが、上図のようにグラフにしてみると患者の大部分は比較的短期の入院で、長期の方はかなり長期まで裾野が広いという状況です(紺色のライン)(保険会社には都合が良いのかもしれませんが、入院日数を単純に平均で表すと過大評価となりますね)。

悪性新生物の1回の入院の中央値は14日間、1入院60日まで保障するタイプの保険であれば、およそ9割の入院患者に対応できると考えられます(ピンクのライン)。

一方、脳血管疾患での中央値は25-29日間。やはり、リハビリなどで日数がかかるのか、60日まででは6割程度までしかフォローできません。120日型で8割程度、180日型でようやく9割程度の患者がカバーされます。

これらのデータから、医療保険に加入するのであれば、(金額は安くても良いので)一入院あたりの保障期間が長めのものが、本当にイザと言う時の助けになるのではないか?と感じました。
期間が短ければ短いほど、貯蓄でも対応できますしね。(安い医療保険として流行っているものは60日型が多く、本当に必要な時に足りない事も?)。

医療保険など加入せずに、その分貯蓄するというパターンの方が本当は合理的かもしれません。まぁ、文字通り保険として、最低限の額を期間長めのタイプで、掛けておいても良いかなと言うのが今回の私の見直しの結論です。

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 家計管理 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント

  1. うさみみ より:

    うさみみも保険の見直しを進めていますが、合理的に検討できる範囲では、医療保険は必要でないという答えになります。
    (損か特かという意味で)
    とはいえ、あくまで今の制度水準が維持されるという前提に立っているからこその計算であるという点で、どうしても迷いが生じてしまいます。
    ですので、「どういう判断で」という点が、一番面白いというか気になるところです(笑)
    うさみみは未だに迷っていますが、2年後には保険料が月1000円が2000円になるので、払った額に見合う保障でないなら……などいまだ迷い虫です。。。
    多分、掛けてない人は入らない。掛けている人は切るのは不安。そんなとこなのかなっておもったり。。。

  2. じゅん@ より:

    >うさみみさん
    私は減額するけど、最低額は継続と決めましたが、「どういう判断で」という部分、あえて記事には書きませんでした(きちんと説明できる理由は無いと言うのが本音)。
    あえて言えば、「(もしも)大病をわずらって、これから病気と闘わなければならないと言う時に、できるだけお金の事は考えたくない。」と言うところでしょうか。
    イザとなれば預金を取り崩せば良いとは言え、残高が減って行く状態と、保険の臨時収入で助かった♪と言う状態では、本人も家族も精神的負担がかなり違うような気が。

  3. うさみみ より:

    医療保険の場合は、掛けるとしたら理屈で説明できるものにはならないと、うさみみも思います。
    ですから、書いていただいた理由で充分だと思います。
    うさみみは最低限1日5000円しかかけていなかったのですが、3週間の入院でそこそこ保険金をもらいました。
    精神的には楽でした。。。たくさんかける必要はないでしょうが、少し掛けておくというのは悪くないと思います。
    とはいえ、うさみみとしては、それもやめてしまうかどうか。。。当面は悩み続けることになりそうです(^^♪

  4. とおりすがり より:

    私も見直しをしている最中でこのブログにつきました。医療保険の必要性に疑問を感じており、今はやりの短期入院向け保険は魅力を感じません。(貯蓄でどうにかなるじゃん)それより保険という意味で考えると、やはり長期になったときの保障があればと、いろいろ探してみると、入院31日目からの保障とか、61日目からの保障などあり、短期入院保障を省いている分保険料も抑えられております。こんな保険ってどう?

  5. じゅん@ より:

    >とおりすがりさん
    コメントありがとうございます。
    後は実際の支払い保険料との兼ね合いかと思いますが(どの程度保険料が下がるか?)、短期入院保障を省く事で保険料を安くしたタイプがむしろ良いように私も思います(全く保険をかけないというのは、やはり抵抗がありますし)。