マネックス証券 – 本日よりバンガードETF取扱い

スポンサーリンク
 海外ETF 

既に多くのブログで取り上げられている通り、先日、金融庁への届出をしたとニュースになったバンガードのETFのマネックス証券での取り扱い開始がアナウンスされました。(9/19追記:すかさず楽天証券も9月26日(金)から取扱いと発表。)

S&P500インデックス(IVVやSPY)はアメリカの大型株の指数で米国株の時価総額の約75%を押さえる事ができますが、過去のパフォーマンスは小型>中型>大型の順であり、この点からは中小型株も含むVTIの方が好ましいかもしれません。

 

VTI.gif

 

コスト面でもVTIの管理報酬は0.07%と、IVV(S&P 500 Index Fund)の0.09%に比べて安くなっています。

最近の組み入れ銘柄数もVTI 3,497銘柄、IVV 501銘柄と問題なし。

直近3ヶ月のAverage VolumeはIVV 4,113,050口、VTI 1,714,760口と若干少ないものの充分。ちなみにTOK(iShares MSCI Kokusai Index Fund)が36,823口というレベル。

非常に魅力的な商品となっています。

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 海外ETF 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント

  1. Andrew より:

    とにかく広く世界に分散投資したい!!って思ったらより分散しているVTIの方がIVVよりよさそうですよね。
    VTIのリスク(分散値)は,多くの銘柄を含むことで小さくなっているのでしょうか? 小型銘柄はボラティリティが高いですよね...

  2. うさみみ より:

    きましたね。しかも、楽天も。。。

  3. じゅん@ より:

    >Andrewさん
    単純に、データのある2001年から現在までのデイリーの騰落率とその標準偏差を比較すると、IVVに比べVTIの方が若干パフォーマンスが良く(統計上有意な差ではないですが)、バラつきも小さいようです。
    小型株も適正な比率で組み込めば、良い分散効果が得られるのではないでしょうか。
    >うさみみさん
    きましたね。SBIも続くと期待しています。

  4. Andrew より:

    じゅん@さん、お答えありがとうございます。
    なるほど適正な比率というのがポイントですね。
    この適正な比率が時価総額ウェイトだと考えればよさそうですね。