アクティブ投信は市場平均に勝てるのか?

スポンサーリンク

昨日の日経新聞に興味深い分析が出ていました。

市場平均を上回る成績を狙う積極(アクティブ)運用型投信の実際の運用成績はどうなのか?

まず、格付投資情報センターによると、1月末現在純資産額が200億円以上あり、ITバブル崩壊のあった2000年2月以前から運用されているアクティブファンドはわずか16本しか無いそうです。昔は今ほど投信の数も多くなかったのかもしれませんが、それにしても酷い数字です。長期投資を目指しているのに、成績低迷時に勝手に償還されてはたまったもではありません。

騰落率が市場平均(TOPIX)を上回った投信の数

総合成績
2000年3月~2008年1月
株価下落期
2000年3月~2003年4月
株価上昇期
2003年5月~2007年6月
サブプライム問題深刻化以降
2007年7月~2008年1月
5本(31%) 4本(25%) 14本(88%) 2本(13%)

 

TOPIXとの成績の比較では、どういう時期を選ぶかによって全く結果が異なってきますが・・・アクティブ投信への投資で長期的に市場平均に勝つには、よほどファンドを選ぶ目を持っているか、単に運任せか・・・厳しい結果ですね

また、記事の中では、株価上昇期にはアクティブ投信を選ぶ意味はあるとされています。
確かに上手くタイミングを見て立ち回れるのなら、そういうスタイルもアリでしょう。

でも、今現在を見ても、この先すぐに株価は復活するのか、当面低迷するのかさっぱり判らない私には無理ですね。

インデックスファンドを着実に積み立てる今のスタイルが私には合っていると再確認した、今回の特集記事でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援をありがとうございます。
 投資信託ニュース 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください