楽天証券 海外ETF1銘柄(IWM)追加

スポンサーリンク
 海外ETF 

楽天証券ネタが続きますが、12月5日(水)国内約定分より海外ETF1銘柄追加です。
米国株規模別
・iShares Russell 2000 Index (IWM)
(iシェアーズ Russell 2000インデックス・ファンド 信託報酬 年率0.20%)
ラッセル2000指数は、時価総額加重型インデックスで、ラッセル3000指数の構成銘柄のうち時価総額が下位の2000社で構成され、ラッセル3000種指数の時価総額の8%程度に相当する小型株の指数との事。スパイスに少量加えると良い結果が得られるかもしれません。
小型株といえば、iShares S&P SmallCap 600 Index Fund(IJR)が既に取り扱われていますが、どちらも信託報酬 年率0.20% 。リターンの単純比較はこんな感じですね。
IWM vs IJR

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 海外ETF 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント

  1. 新幹線 より:

    アメリカについては、債券や不動産を含めてかなり整備されてきた印象がありますが、まだRussell3000やWillshire5000に連動するものは出てこないんですかね?
    指標の代表性を見る限り、Russell3000はS&P500などより、はるかに優れているように見えるのですが・・・

  2. iShares Russell 2000 Index (IWM) より IJR では?

    PERMALINK: https://www.lay-up.net/archives/blog-entry-371-0711292311.html
    楽天証券が期間限定(12/4~1/31)米国株式の売買手数料を
    25.2ドルにするらしく、E-tradeよりも1ドルだけ安くなった。
    これを機会に円高だし海外ETFなんか買っときますかね?
    (E-tradeが対抗し…

  3. じゅん@ より:

    販売する側からすればTotal stock1本よりも、大型株+小型株と2種買ってもらった方が都合が良いというのもあるかもしれませんね。
    MSCI WORLD指数連動が出れば、それ一つで事足りるのですが。

  4. じゅん@ より:

    九州FPさんコメントありがとうございます&不在で返信が遅くなりました。
    小型株ETFも分散の点から加えておきたいと、日本株については「ラッセル野村小型コア」を保有しています。米国小型株については、もう少し私の投資総額が大きくなってから是非と思っています。