不動産投資信託、分配金大幅減の可能性

スポンサーリンク
 投資信託ニュース 

2月3日(土)日経新聞朝刊13面より

不動産投資信託(REIT)の一部銘柄で分配金が大幅に減る可能性が浮上している。
REITは投資信託の為、法人税などが免除されているが、米系投資会社による大量取得により適用条件を外れる恐れがでてきた。

配当可能額の90%以上を投資家に分配するなどの用件を満たせば、分配に当てる所得を損金算入でき、法人税を事実上免除される。しかし、決算期末で3人以下の投資主が発行済み投資口数の50%超を保有する場合は対象とならず、一般事業会と同じく課税される

米系投資会社「プロスペクト・アセット・マネジメント」が発行済み投資口の20%以上を保有しているのは、

  • FCレジデンシャル投資法人
  • プロスペクト・レジデンシャル投資法人
  • クレッシェンド投資法人
  • 東京グロースリート投資法人

特に、FCレジデンシャル投資法人は、プロスペクトの持分だけで32.48%、他の投資信託など2社の持分の合計で既に49.53%に達する。

私自身はREITを持っていません。

今の総投資額ではREITを組み入れると金額が大きく、バランスが崩れるからですが、分散対象の一つとしては興味を持っています。しかし、REITの柱であるインカムゲインが大幅に減るという懸念があるようではちょっと手を出せません。

コメント

  1. 僕もREITには投資していないのですが、投資している人にとって、これは一大事ですね。
    ただでさえ、金利上昇にともなって、借り入れをしてビルを建てているREITは、利益が削られてきているのに、税金までかかるようになるとは。
    REITが登場してばかりの頃、全国の地銀がREITを買い漁っているとの報道がありましたが、今頃戦々恐々としているのではないでしょうか。

  2. じゅん@ says:

    実際には法人税で30%も持って行かれてはシャレにならないので何とか対策をするのでしょうが。。。
    最近はバランスファンドにもREITが組み込まれていたりしますし、少し気に掛けておいた方が良いニュースかもしれません。

  3. 1月の投資信託販売 過去最高の伸び率

    PERMALINK: https://www.lay-up.net/archives/blog-entry-246-0702032143.html
    日本銀行の発表によると、投資信託は前年同月比約20%増の42兆円となり、1997年1月の調査開始以来の最高の伸び率を記録。最高の伸び率となった背景には株価回復からの利回りを考慮しての投信に資金が集まってると思われる。