ネットで買える中国株ETFラインアップ

スポンサーリンク

先日、中国株ファンド(国内投信)の主なラインアップをまとめましたが、「新幹線さん」より中国株ETFについてコメントを頂きましたので、情報の整理を兼ねてネットで購入可能なETFについてもまとめておきます。
Tracker Fund of Hong Kong (2800)
Expense Ratio ~0.10%・単元数 500口
香港証券取引所に上場している投資信託で香港ハンセン指数(香港証券取引所の時価総額の約7割を占める主要な33銘柄を対象として時価総額加重平均で算出)へ連動。現在値は20.40HK$ですので、15~16万円程度から購入可能です。
HANG SENG H-SHARE INDEX ETF (2828)
Expense Ratio ~1.5%(0.6%)・単元数 200口
香港証券取引所に上場している投資信託でハンセンH株指数(香港市場に上場されているH株銘柄(本土登記銘柄)のうち、代表される38銘柄を時価総額で加重平均し算出)へ連動。現在値は98.75HK$ですので、30~31万円程度から購入可能。
iShares MSCI China Tracker(2801)
Expense Ratio 0.99%・単元数 200口
香港証券取引所へ上場している投資信託で、MSCIチャイナ・インデックス(ハンセン指数銘柄の一部とH株指数銘柄の一部)へ連動。現在値は50.85HK$ですので、15~16万円程度から購入可能。
iShares FTSE/Xinhua A50 China Tracker(2823)
Expense Ratio 0.99%・単元数 100口
香港証券取引所へ上場している投資信託で、FTSE/新華・チャイナ A50 インデックス(中国国内投資家のみ取引が可能なA株にリンクした指数)へ連動。現在値は117.9HK$ですので18~19万円程度から購入可能。
まず、中国株ETFは外国株(中国株)の一つとして扱われる為に、購入費用がやや割高となります。購入費用の主な内訳は香港ドルへの為替手数料、現地証券会社に対する手数料、その他印紙税など。
一方、信託報酬(Expense Ratio)は国内で販売されている中国株投信に比べ安い為、ある程度の期間以上保有する場合にはETFの方がコスト的には有利となります。
米株ETFを扱うネット証券が今のところ「楽天証券」に限られているのに比べ、中国株ETFを扱うネット証券は比較的多い為、購入し易いと思います。
上記4つのETF全ての取り扱いがあるかどうかは、各証券会社へご確認ください。
※ちなみに私自身は、十数万円からという購入金額がネックとなり、現在のところこれらを購入できていません。。。

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 その他ファンド 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント

  1. 新幹線 より:

    コメントを元に記事を立ち上げていただきまして有難うございます。
    「投信の罠」の記事にも書かれていましたが、中国株に関しては証券会社により、日本株並みに手数料が下がっている所もあって、0.5~0.6%程度に抑えられます。為替手数料は概ね0.4~0.5%程度ですから、総1%程度ということになるでしょうか。
    私は米国株のETFも検討していましたが、こちらは手数料が楽天証券だと一律なため、最少単位の購入だと片道2.7%(往復5.4%)もの手数料になってしまいます。だから躊躇しているのですが、中国株に関してはそんな心配もあまりなかったので、トラッカーオブホンコンを購入しました。
    ただ、中国の場合は市場の効率性(インデックスの優位性)が果たされていないという指摘もありますので、その点注意が必要かもしれません。上記の指標も、それぞれ業種の偏りが生じているようです。

  2. じゅん@ より:

    補足ありがとうございます。
    米国株のETFについても次の記事で書かせて頂きました(こちらの方がより興味有り)。
    現状の購入手数料については、長期で持てば信託報酬の安さでチャラになるとは言え、やはり納得のいかない点です。
    東証or大証で直接取引できるようにはならないものですかね。