外国株式インデックスファンドまとめ(2013年12月)

スポンサーリンク
 インデックスファンド 

データを更新した2014年9月版の記事があります(2014年9月27日追記)

私はNISA口座で、MSCI コクサイ指数を指標とした外国株式インデックスファンドへ投資することを考えています。(参考記事:NISAについて考えをまとめた)

そこでノーロードかつ低コストの主な外国株式インデックスファンドについて、今現在のリスク・リターンほか情報をまとめました。
データ・ソースは投信まとなび(指数はmyINDEXより)

項目 年金積立
海外株式
SMT
グローバル株式
eMAXIS
先進国株
外国株式
インデックスe
Funds-i
外国株式
MSCIコクサイ指数
運用会社 日興AM 三井住友TAM 三菱UFJ投信 三井住友TAM 野村AM
当初設定日 2001年10月 2008年1月 2009年10月 2010年4月 2010年11月
運用管理費用 0.84% 0.50% 0.6% 0.50% 0.55%
信託財産留保 0.3% 0.05% なし なし なし
純資産額(億円) 100.2 276.4 132.2 98.5 11
マザーファンド規模(億円) 630
(2012年10月)
1700
(2013年5月)
1400
(2013年5月)
3000
(2013年2月)
2500
(2013年4月)
トータルリターン
(年率換算)
1年 56.43 56.76 56.53 56.83 56.57 57.2
3年 20.78 20.96 20.91 21.1 20.96 22.6
5年 17.19 17.3 18.3
標準偏差
(年率)
1年 15.4 15.37 15.39 15.36 15.4 14
3年 19.29 19.27 19.24 19.28 19.28 18.9
5年 20.42 20.42 20.6
シャープレシオ 1年 3.02 3.04 3.03 3.05 3.03 4.1
3年 1.07 1.08 1.08 1.09 1.08 1.2
5年 0.87 0.88 0.9

 

1年及び3年トータルリターンを見ると、三井住友TAMの「外国株式インデックスe」が最も高い値。MSCIコクサイ指数の値はあくまで目安(ファンドのデータとは換算に用いている為替レートの違いがあると思う)ですが、結果的に指数に最も近い値となっています。

各ファンドの成績の差は僅かですし、これまで購入してきたファンドをわざわざ乗り換える程の話では無いと思いますが、長期にはじわじわと影響が出てくるかもしれません。「インデックスe」は運用管理費用(信託報酬)が低いのが特徴なので、「年金積立」の成績と見比べると、このわずかなコスト差も効いているのだろうな(と思いたい)。

また、「インデックスe」の純資産額は「SMTグローバル株式」や「eMAXIS先進国株式」に劣りますが、マザーファンドの規模としては「インデックスe」が最も大きく、運用効率が良いのかもしれませんね。

これまで私は「インデックスe」を積み立てて来ていますが、今後気になるのが表には無い「ニッセイ外国株式インデックスファンド」です。運用管理費を年率0.4095%で最近設定されたので、今後どう伸びてくるか楽しみです。

表に掲載した各ファンドはいずれも主なネット証券(SBI証券楽天証券マネックス証券)で購入可能です。

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 インデックスファンド 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント

  1. こんにちは。私もNISAは先進国株式にしようと思っていますが、ETFにしようか迷っています。じゅん@さんはETFは検討なさってますか?教えていただければ幸いです。

  2. じゅん@ より:

    >夢見る父さん
    コメントありがとうございます。
    手間をかけたくないというのが第一にあるので、私はETFは考えていません。信託報酬で言うとETFの方が良いですが、分配金を出すものが多いのでNISAではその分マイナスになりますし。

  3. カジ より:

    今の時点(12/22)ではニッセイの外国株式インデックスファンドはSBIで発売されていないのでは・・・
    表は参考になりました。活用させていただきます。

  4. じゅん@ より:

    >カジさん
    コメントありがとうございます。
    12/27よりSBI証券でも取扱いが開始されました!
    また、投信マイレージの対象となっています。