「 ニュースなど 」一覧

日本株投資信託の8割がインデックス運用に?!

今日の日経新聞電子版で、非常に驚いた記事がありました。

株指数運用、市場を席巻
低コスト強み、投信の8割 企業選別機能衰えも

世界の株式市場で株価指数の構成銘柄を丸ごと買うインデックス運用が急激に広がっている。
日本株市場では投資信託の8割、年金運用の7割に達してきた。
低コストで市場平均並みの成績を狙うのが効率的との見方が強まっているからだ。
インデックス運用が勢いを増せば、業績や将来の成長性で個別企業を選別する市場の大切な機能が衰えてしまいかねない。

つい最近まで、株式投信の3割がインデックス運用となっており、比率が上昇していると言われていました。
今後のその比率は高まると言われていましたが、まさか既にこれ程になっているとは、自分が何か勘違いしているのか疑うレベルです。

5月の投信概況によると、株式投信に占めるインデックスファンドの比率(純資産残高ベース)が初めて30%に到達したとの事。 13日に発表された...

>>この記事の続きを読む


ニッセイ、たわらなど低コストファンドもSBI証券投信マイレージサービス対象に

SBI証券では投信マイレージという、投資信託の保有残高の最大0.24%(年率)が還元される非常に強力なサービスがありますが、残念ながらニッセイAMの< 購入・換金手数料なし>シリーズや、たわらノーロードなど低コストインデックスファンドはこれまで対象外でした。

ところが、最近注目の松井証券やライバル楽天証券対策か、2月1日より原則全てのファンドがポイント付与の対象となる、SBI証券ユーザーには非常に嬉しいニュースが発表されました!!

単純に対象銘柄が広がった訳ではないので、是非詳細をご確認下さい。

いつまで継続するか判らないサービスではありますが、資産形成の過程で保有残高が大きくなると無視出来ない金額となってきます(現金還元ですよ!)。

この恩恵を最大限に享受する為に、SBIカードを保有して年会費を払ってでもお得です




SBI証券には対象投資信託の保有額1,000万円以上で保有額の0.2%(年率)が、1,000万円未満で0.1%のSBIポイントが付与される「投信マイレージサービス」があります。 このSBIポイントは、従来は住信SBIネット銀行で1ポイント=0.85円、Yahoo!ポイントへは等価交換となっていました。 今回なんと、SB...
SBIカードと言えばポイント高還元率の年会費無料カードでしたが、諸々のサービスについて大幅な改悪の案内が出ました。 年会費・SBIカードポ...

>>この記事の続きを読む


受賞ファンドのまとめ「投信ブロガーが選ぶFund of the year 2016」#foy2016

今回で10回目となりました「投信ブロガーが選ぶFund of the year 2016」の表彰式が都内のシダックスカルチャーホールで行われました。

運営委員長のrennyさんのブログ企画から始まったものが10年間継続し、そしてなんと開会にあたって金融庁の森信親長官からお祝いの辞が届くとは!

第1回から投票を続けている投信ブロガーとして感慨深いものがありますし、なによりボランティアの事務局の方々には感謝しかありません。

またツイッターで多くの方が実況して下さったので、不参加でも会場に居るかのような臨場感を楽しむことが出来ました。

さて、表彰式の詳細な内容は、今年もすぱいくさんのところに詳しくまとまっています。
参照【速報】投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016 結果発表【第一部 投資信託 これまでの10年、これからの10年】 #foy2016
参照【速報】投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016 結果発表【第二部 結果発表】 #foy2016

私のブログでは上位受賞ファンドの情報をまとめておきます。
>>この記事の続きを読む


今年の顔となるファンドは?「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」 #foy2016

今年で10回目です。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」 の投票を先程行いました。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」ですが、いよいよ11月1日(火)から投票が始まります。 証...

投票期間は11月30日(水曜日)までとなっています。投票がまだの方や「投票しました」という記事を書いていない方はお忘れなく。

表彰式は2017年1月14日(土)午後、都内にて
こちらも要チェックです。

投票期間:2015年11月1日(日)から11月30日(月)まで。

投票資格:投信ブロガーであること(ただし2015年9月30日までにブログを開始していること)

対象投資信託:2015年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)。海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なもの。

>>この記事の続きを読む


「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」まもなく投票開始

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」ですが、いよいよ11月1日(火)から投票が始まります。

証券会社や運用会社など売り手の都合で選ばれたファンドではなく、個人投資家が本当に良いと思える投資信託を選ぼう!

という趣旨で始まったこのイベントも、今回で第10回(なんと10年!!)となります。

私は第1回からずっと投票を続けていますが、運営委員長のrennyさんのブログ企画として始まったものが、ロイターなどメディアにも取り上げられる様にもなり、こうして10年続くというのは、ひとえにボランティアの事務局の方々の頑張りが凄いなぁという思いでお祝いいたします。

投信会社の方々も毎年関心を持って表彰式に参加されていますが、10周年のお祝いコメントも届いているようです。

参考投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016
>>この記事の続きを読む


株式投信のうちインデックスファンド比率が30%に到達

5月の投信概況によると、株式投信に占めるインデックスファンドの比率(純資産残高ベース)が初めて30%に到達したとの事。

13日に発表された投資信託協会の統計によると、単位型を含む株式投信の16年5月の資金流出入(設定から解約・償還を差し引いた増減)は6325億円の流入超過と、2カ月ぶりの純資金流入となった。なかでもETF(上場投資信託)を含むインデックスファンドへの純資金流入額が3738億円と、全体の約6割を占めた。

この結果、株式投信に占めるインデックスファンドの比率(純資産残高ベース)がデータが公表されている10年3月以降では初めて30%に到達した

モーニングスター社

前月までどうだったのか知らないのですが、30%という数字に、お!?いつの間にそんなに増えた?すごい!と反応してしまいました。

ここ数年でインデックスファンド(ETF含む)への投資環境が良くなったことで、欧米並に残高比率が上がってきている様です。

それにより生じる課題もあるし、この先どうなるの?という点も気になるところ。

その辺りは、日本証券経済研究所の下記レポート(2016年1月)が分かりやすく参考になります。

参照発足から40年を迎えるインデックスファンド 窶狽サの軌跡と今後の展開窶鐀

>>この記事の続きを読む


スポンサーリンク