保険・保障内容比較(埼玉県民共済vs都民共済)

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

保険料控除関係の書類が届く季節になってきました。

昨年の保険見直し以降、我が家では私が「埼玉県民共済の医療・生命共済」、妻が「都民共済の総合保障型」に加入しています。

この両者は同じ月掛金2,000円の標準的なコースですが保障内容が結構違います。他の民間保険との比較でも参考になると思うので、以下に保障内容をまとめておきます。

kyosai.png

なお、これら共済の特徴としては、年齢によらず掛金が一定(60歳以降は保障内容が縮小)、また決算後に割戻金が戻ってくる為、保険料は低く抑えられます。直近の割戻し率が、埼玉県民共済の医療・生命共済(H24年7月決算)で40.88%、都民共済の総合保障型(H23年度)が33.80%でした。

上記の表でわかる特徴としては、埼玉県民共済(医療・生命共済)は手術を保障するが、事故による通院及び後遺障害を保障しない点。
また、埼玉県民共済(医療・生命共済)は入院保障が手厚い点(ただし120日まで)。
あとは、都民共済(総合保障型)の方が60歳以降の保障額が大きいところ。

ちなみに、入院期間については過去に当ブログでも厚労省資料を元に検討を行っており、悪性新生物(がん)の1回の入院日数の中央値は14日間、入院60日まで保障するタイプの保険で9割がたの入院患者に対応できます
一方、脳血管疾患は入院日数が伸びて中央値が25-29日間、60日まででは6割程度の患者しかカバーできませんが、120日型であれば8割となっています。

一概にどちらの保障内容が良いとは言えないけれど、やっぱり入院日額と手術保障の有無が影響が大きい印象かな。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)