最近の貸株金利について

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

SBI証券にて、10/3(月)より貸株金利の見直しが行われるようです。

参考貸株金利の銘柄毎個別設定開始のお知らせ

  • 20~50銘柄 1%以上
  • 約3,400銘柄 0.4%
  • 約150銘柄 0.1%

これまでは一律に0.3%でしたが、1306 TOPIX連動上場投信ほか、代表的なETFは0.1%となりますので、ETFの長期ホルダーにとっては改悪ですね。

スポンサーリンク

他社の貸株金利の状況ですが、マネックス証券では約1000銘柄が0.35%(1306も現在このボーナス金利銘柄含まれている)、その他銘柄0.10%

カブドットコム証券では20~50銘柄が1.0%以上、約3,500銘柄が0.4%、約200銘柄が0.1%

過去に「長期保有株隠れた活用術」として、貸株の利用を奨めた様に、チリも積もれば・・・なので、どうせ長期に寝かしておくのなら上手く利用したいサービスです。

ただ、貸株は証券会社の破綻リスクを背負う事になるので、たった0.1%の金利を得る為に全額失うリスクを取るか?ってところは良く考える必要があります

私自身はリーマンショック以降、貸株を解除しています。

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事