もうすぐ生命保険契約が満了。今後どうするか?

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

生命保険・医療保険の必要性については人それぞれ様々な考え方がありますね(最近のマネー誌などでは不要論が多いのかな?)。

私は「起こる確率は低くても、自力では何ともできない最悪の事態に備えるのが保険の役割であり、単純に損得勘定で考えるべきではない。うちは月1万円程度払う余裕が無い訳ではないし、それで安心が買えるなら安い買い物じゃないか(特に家族が安心できるでしょ?)。」という考え方でこれまでやってきました。

で、もうすぐメインとしていた生命保険(10年)+医療特約が満了となります。
実はこの保険は昔大変お世話になった方を通じて加入したというしがらみがあったのですが、その方も先日退職されましたので、このまま更新せずに終了する手続きを行いました。

さて、今後はどうするか?

ライフプランとしては子供が出来る予定で保障額を設定していました。まだ子供をあきらめた訳ではありませんが、本当は現状では何千万もの死亡保障は要らないです。
また20代の頃と違って、今はまとまった蓄えがあるという安心感もあります。

という訳で、今後は本当に最低限の保険として埼玉県民共済に加入するよう手続きを行いました(勤務先が埼玉県です)。

埼玉県民共済については、ブログ・サクサク Money Noteさんで「埼玉県民共済の新・医療保障が尋常じゃない件」で書かれている通り、月掛金2,000円で入院1日当たり8,000円、死亡時「病気400万円/事故1,000万円」(60歳まで)の商品があります(医療・生命共済の詳細はこちら)。

これは同じ2,000円の掛金でも、都民共済や現住所のある茨城県民共済の商品よりも手厚い保障。また、事業経費を抑えた堅実な運営がなされている点も評価が高いです。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)