リーマン・ショックの経験から

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

4日のニューヨーク株式市場は、世界経済が再び低迷するとの恐れからか大幅反落し、ダウ指数は512.76ドル安(-4.3%)となりました。

これは過去2年余りで最悪の下落率だった訳ですが、1987年のブラックマンデー以来で見てもこのクラスの下落はそうそう無いレベルなんですよね。

円高もあり、これはチャンスとスポット買いで突っ込もうという人もいれば、先行き不安を感じている人も居るのではないでしょうか?

私個人としては、こういう時はジタバタしても仕方が無い。
投資タイミングを計っても、そう思い通りに行かない事をこれまで身を持って体験していますので、今まで通りの額を自動積立てして行くのみです。

リーマン・ショックのあった2008年9月には以下のような記事を書いていますが、これらの過去の経験が参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

関連米金融危機で再認識した事項
関連ブラックマンデー以来の記録的急落

こういう時は、まず、保有資産のリスク資産と安全資産の割合を点検する事
不安を感じるようでは、リスク過剰なのではないでしょうか?

次に気持ちが折れずに長く続けられる工夫をする事
リーマン・ショックの時も、途中で辞めずに継続した人は、その後の回復が早かったです。その点、自動積立は余計な感情を排除できるので、ラクに続ける事ができますよ。

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事


コメント

  1. 世界のREIT より:

    この先、アメリカと日本の経済がどのように進んでいくのか、なかなか予測できなくなってきましたねえ。
    しばらくは、低迷の時代が続くのですかねえ。
    私も、そうしたことに特に動じずに積み立て投資は続けますが‥。

  2. 下落相場に私がしたこと。

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-945-1108071221.html
    世界の株安は今日も止まりませんね。
    どこまで下落し続けるのか?
    本日の日経新聞ではリーマン・ショック第2幕という記事も存在しますが、一方ではリ…

  3. うさみみ より:

    早速リンクを修正していただきありがとうございました。
    最近はひさびさに投資に資金を振り向けています。
    常に積立ではありませんが、当面は毎日定額買付をしていきます。
    とにかく円高の時しか海外資産を増やすチャンスがないので。
    でも、円高円高といっても将来から見れば円安なのかもしれませんが。

  4. じゅん@ より:

    >世界のREITさん、うさみみさん
    コメントありがとうございました。
    先行きが怪しいからと言ってリスク資産への投資を止めてしまうのが最悪(底を打ってから復帰と思っても、二番底懸念でなかなか難しい)ですし、落ちるナイフをつかみに行っても怪我をする(思ったより底が深かったなんて良くある)と言うことで、私に出来るのは今まで通りの額を積立てる事くらいです。
    ただし資産配分として、外国株式クラスの比率が目標よりも大きく下がっていましたので、来月より国内債券クラスへの積立て額を減らし、その分外国株式クラスを増やす手続きを行いました。