個人向け国債発行額の推移

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

この夏の個人向け国債変動10年は、前年同月に比べ4倍の発行額となりました。
今回は私も初めて個人向け国債を購入してみた程ですから、やはり多くの人が注目していたようです(当ブログの個人向け国債関連記事にも7,000件弱の非常に多くのアクセスがありました)。

財務省は6日、個人向け国債の10年物について、7月の発行額が前年同月比4倍の2319億円に達したと発表した。同月から実質的に金利を引き上げており、その効果がさっそく現れた。
10年物の利率はこれまで直近の長期金利(7月分は1.17%)から0.8を引いた水準だったが、7月から長期金利に0.66を掛ける方式に変更した。
新方式は低金利下では利率が有利になる仕組みで、7月分は0.77%と旧式で算出した場合(0.37%)の2倍以上になった。

msn産経ニュース(2011.7.6)

が、よくよく考えると前年比で4倍なので、これまでの発行額の推移からすると・・・


個人向け国債変動10年.png

個人向け国債変動10年の発行額の推移を青色で、初回利率を緑でグラフに表しました(財務省国債関係諸資料より加工)。

今回、4倍に増えたと言っても、元が酷く低迷していましたので、金額的にはまだまだなのですね。
もっとも、2005年の発行額ピークには、ペイオフ解禁の駆込み需要もあったでしょうから、単純に比較できないのかもしれませんが・・・

この後、秋冬と個人向け国債人気が高まっていくのか?世間がどの様な選択をするのか、動向に興味があります。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)