CMAM外国株式・債券インデックスe 第1期運用報告書UP

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

私にしては珍しく本日2つ目の記事です。
先日、日本株式及び日本債券クラスについて運用報告書がアップされたCMAMインデックスファンドeシリーズですが、お待ちかねの外国株式・債券クラスについても第1期報告書がアップされました。

  • CMAM外国株式インデックスe 運用報告書
  • CMAM外国債券インデックスe 運用報告書

ベンチマークとの乖離、信託報酬以外のその他コストのいずれも非常に満足な結果となっています。私も安心してこれらのファンドの積立てを引き続き行います。

報告書の概要は以下の通り。

CMAM外国株式インデックスe 運用報告書より

1.運用実績
今期(第1期)の騰落率は-2.8%(ベンチマークのMSCIコクサイ指数は -2.9%

ベンチマークとの乖離(-0.1%)は信託報酬及び為替評価要因との事。非常に優秀な結果です。分配金は出していません。

2.諸費用明細(1万口当たり)
信託報酬額 39円
売買委託手数料 0円
保管費用等 4円
合計 43円

信託報酬率(0.525%)より、その他費用(保管費用等)を加えた今期の実質の保有コストを概算すると、おおよそ0.579%。その他コストが抑えられており、非常に優秀な結果となっています。

3.売買の状況
設定 1,327,527千口(1,234,695千円)
解約 206,458千口(194,148千円)

CMAM外国債券インデックスe 運用報告書より

1.運用実績
今期(第1期)の騰落率は-11.1%(ベンチマークのシティグループ世界国債インデックスは-11.7%

ベンチマークとの乖離(-0.6%)は信託報酬及び為替評価要因との事。分配金は0円。

2.諸費用明細(1万口当たり)
信託報酬額 41円
売買委託手数料 0円
保管費用等 3円
合計 44円

信託報酬率(0.525%)より、その他費用(保管費用等)を加えた今期の実質の保有コストを概算すると、おおよそ0.563%。こちらのファンドもその他コストが低く抑えられています。

3.売買の状況
設定 253,367千口(384,781千円)
解約 45,227千口(67,874千円)

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)