リスク資産へ投資を始めたキッカケは?

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

ブログ開設5周年記念と言うことで、過去の記事を読み返したりしていましたが、残念ながらトラブルにより初年度の記事はほとんど残っていません。

そこで、ここらでリスク資産へ投資を始めたキッカケなど、昔の事を振り返っておきたいと思います。

スポンサーリンク

私は元々メーカーの研究職という仕事柄、景気や世の中の動きなど全く意識する事なく、自分の好きな実験だけをしていれば良いという環境でした。

そんな私も30歳を過ぎて結婚し、マンションをローンで買おうと思った時に初めて、これはちゃんと勉強しなければマズイ事になると気づいたのです(恥ずかしながら、いい歳して長期金利がどれ位かも知りませんでしたし、知ろうと思った事すら無かった)。

ローンの金利はわずか数%の差でも35年後にはとんでもなく大きな金額になりますから・・・

いや、これは逆に数%でも複利で運用できれば物凄く儲かるんじゃないの?!というのが、リスク資産へ投資を始めたキッカケです。

どのみち、マンションの頭金で運用を始める訳にはいきませんので、そちらの支払いが一段落してまとまったお金が貯まるまで、半年程はブログや書籍を読んで勉強だけをしていました(今なら1,000円から投資を始められますので、習うより慣れろだと思いますが)。

この頃、チャールズエリスの敗者のゲームや、内藤忍の資産設計塾といった、今でも私の投資に対する考え方の基本となっている書籍に出会ったのはラッキーでした。

そして初めて投信を購入し、ブログを開設したのが2006年2月。

ここから長旅が始まったのです(ちなみに初年度2006年末のポートフォリオはこんな感じ。

今も保有しているのはTOPIX連動型上場投信(1306)だけですね。

当時は新興国株のインデックスファンドはありませんでしたし、アクティブファンドも結構持っていました。アクティブファンドにコストがかかっていましたが、それはそれで、どのような会社が組み入れられているのか等月報をチェックし、財務諸表の読み方などを勉強するキッカケにもなりましたので、良い経験だったと思います)。

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事


コメント

  1. 虫とり小僧 より:

    じゅん@さん、こんにちは
    そういえば僕もリスク資産への投資を始めたのは2006年でした。
    手探り状態だったあの頃が懐かしいですね。。
    これからもコツコツといきましょう!

  2. じゅん@ より:

    >虫取り小僧さん
    当時はSTAMもeMAXISもありませんでしたが、「PRUマーケット・パフォーマー」がキャピタルパートナーズ証券で買える事が判明したり、「年金積立シリーズ」がDC専用ではない事が判ってインデックスブログ界隈で盛り上がったりと、懐かしい出来事が沢山あります。
    また少しずつ昔を振り返ってみたいと思います。

  3. 虫とり小僧 より:

    そうそう!
    そんで、キャピタルパートナーズ証券では、電話でしか購入ができなかったり、電話応対の人がカタコトの日本語だったり(笑)
    色々ありましたよね縲鰀