STAMインデックスシリーズ第6期運用報告書(2010年11月)

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

STAMインデックスファンドシリーズが、11月に第6期決算を迎え(新興国株・債券は第3期、日経225は第1期)、その運用報告書がwebにアップされました(前期の運用報告書についてはこちらを参照下さい)。

  • 「STAM TOPIXインデックス・オープン」
  • 「STAM 日経225インデックス・オープン」
  • 「STAM 国内債券インデックス・オープン」
  • 「STAM グローバル株式インデックス・オープン」
  • 「STAM グローバル債券インデックス・オープン」
  • 「STAM J-REITインデックス・オープン」
  • 「STAM グローバルREITインデックス・オープン」
  • 「STAM 新興国株式インデックス・オープン」
  • 「STAM 新興国債券インデックス・オープン」

<実質的なコストについて>

投信では、目論見書に予め明示されている信託報酬率の他に、「売買委託手数料」「保管費用」といった名目でその他のコスト(事前に見えない費用)がかかってきますが、運用報告書ではこれらをチェックすることが重要です。

ファンド名 信託報酬率 信託報酬 その他コスト 概算実質コスト(年率換算)
TOPIX 0.4725% 15円 0円 0.4725%
日経225 0.42% 12円 0円 0.42%
国内債券 0.42% 22円 0円 0.42%
グローバル株式 0.63% 19円 2円 0.696%
グローバル債券 0.5775% 24円 1円 0.602%
J-REIT 0.525% 16円 2円 0.591%
グローバルREIT 0.6825% 22円 9円 0.9617%
新興国株式 0.6825% 58円 26円 0.988%
新興国債券 0.63% 40円 19円 0.9293%

今期から、STAMインデックスファンドシリーズ(全ファンド)の信託報酬が下げられている事に注意が必要です。

簡易法ですが、信託報酬額=期中平均基準価額×信託報酬率とすると、期中平均基準価額を算出する事ができ、これより実質コストを概算することができます(あくまで目安です。またSTAMシリーズは年2回決算なので、年率換算時に、前期のコストを考慮した方がより正しい値と言えると思います。)

やはり信託報酬の低下が効いています。いずれのファンドも前期に比べトータルコストが大きく低下しました(素晴らしい!)。

以前はトータルコストがかなり高く、アクティブファンド以上にかさんでいた(2%前後)グローバルREITクラスですが、今期は1%を切ってきた点が評価できます。

また、インデックスファンドを評価する上で重要なのは、指数からの乖離ですが、今期のパフォーマンスと乖離要因について以下に抜粋しておきます。

<STAM TOPIXインデックス・オープン>
今期の騰落率は-9.0%(ベンチマーク-9.7%)
ベンチマークとの差異は信託報酬要因-0.2%、配当金要因+0.8%

<STAM 日経225インデックス・オープン>
今期の騰落率は+3.7%(ベンチマーク+3.1%)
ベンチマークとの差異は信託報酬要因-0.1%、配当金要因+0.7%

<STAM 国内債券インデックス・オープン>
今期の騰落率は+1.7%(ベンチマーク+2.0%)
ベンチマークとの差異はほぼ信託報酬要因-0.21%

<STAM グローバル株式インデックス・オープン>
今期の騰落率は+2.5%(ベンチマーク+3.0%)
ベンチマークとの差異は、為替評価日格差要因-1.2%、配当金要因+1.2%、信託報酬要因-0.4%、銘柄要因-0.1%

<STAM グローバル債券インデックス・オープン>
今期の騰落率は-4.4%(ベンチマーク-2.4%)
ベンチマークとの差異は為替評価日格差要因-1.71%、信託報酬要因-0.31%、その他+0.03%

<STAM J-REITインデックス・オープン>
今期の騰落率は+4.1%(ベンチマーク+4.6%)
ベンチマークとの差異は信託報酬要因-0.3%、組み入れ比率要因-0.2%

<STAM グローバルREITインデックス・オープン>
今期の騰落率は+3.6%(ベンチマーク+5.4%)
ベンチマークとの差異は、信託報酬要因-0.4%、為替評価日格差要因-0.8%、キャッシュ要因-0.2%、取引コスト要因-0.4%

<STAM 新興国株式インデックス・オープン>
今期の騰落率は+11.2%(ベンチマーク+10.3%)
ベンチマークとの差異は、信託報酬要因-0.3%、配当金要因+1.2%

<STAM 新興国債券インデックス・オープン>
今期の騰落率は+2.7%(ベンチマーク+4.6%)
ベンチマークとの差異は、信託報酬要因のほか現金保有がマイナスに

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)