DLIBJ公社債オープン 第22期運用報告

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

先日9月21日に「DLIBJ公社債オープン(短期及び中期コース)」が第22期決算を迎え、運用報告書がアップされました(年2回決算)。

  • DLIBJ公社債オープン(短期コース) 信託報酬年率0.315%
  • DLIBJ公社債オープン(中期コース) 信託報酬年率0.4725%

これらのファンドは、私のポートフォリオの中では現在唯一のアクティブファンドですが、信託報酬及びその他のコストはインデックスファンド並に低く抑えられているのが特徴です。

さて、運用報告書の概要は以下の通りです。

スポンサーリンク

1.運用実績
【短期コース】
今期の騰落率は+0.7%(NOMURA-BPI国債短期は+0.1%)
1万口当たり分配金 100円
【中期コース】
今期の騰落率は+2.4%(NOMURA-BPI総合は+2.5%)
1万口当たり分配金 200円

2.諸費用明細(1万口当たり)
【短期コース】
信託報酬額 16円
保管費用等 0円
合計 16円

【中期コース】
信託報酬額 24円
売買委託手数料 1円
保管費用等 0円
合計 25円

3.利害関係人との取引状況等
期中の利害関係人との取引はありません。

これらのファンドは設定から10年以上運用されていますし、純資産額は短期・中期とも200億円を超え、安定感を感じます。アクティブファンドということで、金利上昇に備えて債券先物でヘッジをかけるなどもされていますが、運用側も安定運用を第一の目標にバランス良く運用されている印象です。

長期金利が1%を切る現状なので、新規投資はほとんど短期コースだけにしていますが。。。

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)