カブドットコム証券-外貨MMFの取り扱い開始

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

今朝の日経新聞朝刊経済1面より

 カブドットコム証券はこのほど外貨建て商品を24時間取引できるシステムを開発。
28日から外貨建てMMFの取り扱いを始め、為替取引コストを1ドルあたり20銭と主要インターネット証券の中で最低水準に設定する。

カブドットコム証券はフリーETFの提供など他のネット証券にはない新しい試みを行っていますが、もっと基本的なところで外貨建て商品の取扱がないというデメリットがありました。

まだ詳細はわかりませんが、だんだんと使い良くなってきている様ですね。

追記(10/26):HP上にリリースが出ました。
「外貨建MMF」を主要ネット証券最低の外国為替スプレッドで取扱開始

為替取引コストが1ドルあたり20銭との事ですが、マネックス証券、SBI証券、楽天証券では基本的には米ドル片道25銭ですので、外貨MMFをはじめてみようと言う場合、カブドットコム証券が為替コストでやや有利です。

ただし、ある程度の金額を取引する場合、SBI証券では米ドルに限りFXからの現引きによりスプレッド2銭で調達可。楽天証券は外貨の入出金に対応していますのでより低コストで外貨を入手出来るかと思います。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)