日興AMから新ETF「上場S&P500米国株」「上場チャイナ株」「上場インド株」

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんほかでも話題に上がっていましたが、10月29日(金)に日興AMより新しいETFが上場しますね。
私の方では有価証券届出書にリンクしておきます。

(1547)S&P500指数、信託報酬年率0.168%

(1548)ハンセン中国企業株指数、信託報酬年率0.5775%

(1549)S&P CNX Nifty指数先物、信託報酬年率0.5775%

これらの中で最も注目なのは上場インド株(1549)でしょうか?
外国人保有規制があるインドでは現物株への投資が難しい事もあり、シンガポール市場で取引されるインド株式指数先物(SGX S&P CNX Nifty先物)を投資対象としています。

既に上場している野村AMの「インド株式指数上場投信(1678)」はリンク債を使ったETNとしてS&P CNX Nifty指数に連動する投資成果を目指していますが、カウンターパーティリスクがある上に信託報酬率が年0.9975%でした(先物は取引所がその履行を保証しているので、カウンターパーティリスクが無い)。

競合する海外ETF(香港)では、「リクソーETF MSCI インディア(信託報酬年0.85%)」、「iシェアーズ BSE SENSEX・インディア・インデックス ETF(同0.99%)」や「db X-trackers S&P CNX NIFTY ETF(同0.85%)」が国内で購入可能ですが、いずれもカウンターパーティリスクがあるタイプですし、信託報酬の面でも高コスト。

指数との連動や流動性など、これから確認していかなければいけませんが、日興AMの「上場インド株」は既存のETFと比べて競争力があるように思います。

「上場S&P500米国株(1547)」は、国内初のS&P500指数連動のETF。国内で購入できる海外ETFではSPYやIVVと競合します(どちらもExpense Ratio 0.09%)。

当面はS&P500先物を主な運用対象とするようです。現物拠出ではなく、現金拠出で先物での運用というのは、今年の頭に上場した「上場MSCIコクサイ株(1680)」 や「上場MSCIエマージング株(1681)」と同じスタイルで、国内上場にあたって工夫された点でもあるのですが、賛否両論があるところですね。

参考記事:QUICK Money Life 投信ニューフェース

「上場チャイナ株(1548)」は、香港上場のH株指数連動のETF。こちらは、原則として指数どおりの銘柄を指数どおりの比率で投資するようです。

既に国内上場している「上場パンダ(1322)」や「上証50(1309)」はA株を投資対象としていましたので、H株に投資するETFは初めて。
海外ETFでは香港上場の「ハンセンH株指数ETF(02828)」が競合相手ですが、こちらは管理報酬0.60%ですので、総合的には「上場チャイナ株」が有利か。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)