新興国株式の組み入れ比率をどう考えるか?

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

アセットアロケーションを考える際に気になる事の一つとして、新興国(特に株式)の割合をどうするか?という点があると思います。

MSCI AC World指数における新興国のウエートは現在13%程度。しかし、現在の世界の株式市場の時価総額43兆ドルに対し、新興国株式の時価総額は14兆ドルですので、これでいくと既に30%のシェアを占めています(MSCIでは浮動株の調整により過小に評価されている?)。

昨日は、ゴールドマン・サックスからも新興国の今後の大きな成長を予想する下記のようなレポートが出されました。

 新興国株式の時価総額は現在の14兆ドルから2020年には37兆ドル、2030年には80兆ドルに増加する可能性があると予想。世界の株式市場に占めるシェアも現在の31%からそれぞれ44%、55%に拡大する可能性があるとしている。
このため、MSCI AC World指数におけるウエートも、現在の13%から2020年には19%、2030年には31%に拡大する見込みだ。
先進国の金融機関のアセットマネージャーは、新興国株式市場の規模拡大と相対的重要度の高まりを背景に、今後、新興国株式の組み入れ拡大を迫られるとの見方をしている。

私はこの新興国の成長シナリオに期待している方で、現在の私のアセットアロケーション中の株式に占める新興国株の割合は33%とMSCI AC World指数に比べてオーバーウエイトとなっています。

債券も含めたリスク資産全体に占める割合では23%。新興国株はジェットコースターのように上下の波が激しいので、株式債券比率を調整して、全体としてはボラティリティとリスクを下げるように工夫していますが。

私の新興国株の組み入れ比率は、インデックス投資ブロガーの中でも比較的高いのかなという印象を持っていますが、どうでしょう?
皆さん新興国株式の組み入れ比率はどの様にされているのでしょうか?

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)