ビッグマックの価格から見た購買力平価水準

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

先日の香港旅行では物価が安いなぁと実感していましたが、香港のマクドナルドではブログネタにとビッグマックを食べてきました。

香港のビッグマック

香港ではビッグマックはHK$14.8≒162.8円HK$1=11.0円)でした。
日本のビッグマックは320円ですので、香港では実に半額ですよ!!

この様に、ビッグマックの価格から見た購買力平価水準を考えるビッグマック指数というものがありますが、ちょうど7月22日に、2010年の最新ビッグマック指数がエコノミスト誌により発表されていました(下表)。

これを見ると米ドルと円の関係では1ドル=85.7円が購買力平価水準と言うことで、現在のドル円市場レート1ドル=85.61円は妥当なところ。

ユーロの対ドル相場としては、1ユーロ=1.10ドルがビッグマック指数から見た購買力平価水準と言うことですが、現在の市場レート1ユーロ=1.2716ドルは15%程ユーロは過小評価されていると言えます。

他に過小評価されている通貨としては、アルゼンチンペソ(-52%)、ウクライナフリヴニャ(-51%)、スリランカルピー(-50%)、香港ドル(-49%)、中国元(-48%)、タイバーツ(-42%)が代表的なところですね。

ビッグマック指数は半分お遊びなのですが、各国の物価水準を感覚的に比較するには、判りやすい例だと思います。投資の作戦を練る際や、海外旅行先の検討に少しばかり参考にしてみても良いかもしれません。

ビッグマック指数2010年

Ref. The Economist:When the chips are down

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)