香港・マカオを楽しんできました

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

投資とは直接関係の無いお話です。

円高という事もあり、今年の夏休みは4泊5日で、香港・マカオに行ってきました。最近は「癒し」を求めて温泉旅行なんかが多かったのですが、今回のテーマは「刺激」。

SOHO 映月樓 Symphony of Lights

マカオ Margaret's Cafe Nataの周辺 マカオ 聖ポール天主堂跡 マカオ ホテル・リスボア

私も妻も香港・マカオは今回が初めてなのですが、ツアーではなく飛行機とホテルだけを予約しての旅はなかなか刺激的でした。

空港から九龍方面へのバスに乗ったはいいものの、土地勘が無いので無事に目的地で降りられるかヒヤヒヤ。アナウンスの中国語は全く判らないし、街中では意外と英語を話す人は少ない?(主要な看板は英語併記ですし、ホテルやレストランでは英語が通じます)

荷物を置いて、尖沙咀(チムサーチョイ)から油麻地(ヤウマテイ)へ。彌敦道(ネイザンロード)に沿って裏道を歩きましたが、色んなものがゴチャゴチャと詰まった雰囲気に圧倒されました。九龍側は特に活気があってパワーを感じる街ですね。

後半に泊まった香港島側の中環(セントラル)は、一変してだいぶ洗練された雰囲気。蘭桂坊(ランカイフォン)の辺りには小洒落たバーやレストランも多かったです。口座開設はしませんがHSBC香港本店ビルも目の前まで行ってきました。

マカオでもかなり歩いたのですが、また香港とは雰囲気が全然違いますね。有名な観光スポットやカジノのある中心地を外れると、とてものんびりとして落ち着く街です。

香港・マカオの魅力は、街の雰囲気自体が面白いと言うことがありますが、やっぱり飯が美味いし、物価が安い!現在のレートが1HK$=10.96円と、ここ2ヶ月でも10%弱も円高が進行していますが、それを抜きにしても色んな物が安いです(日本はデフレと言うが、アホらしい位に物価が高いと感じる)。

まぁ、とにかく今回の旅行では色んな刺激を受けました(英語をもっと頑張ろうとか、世界の国をもっと生で見たいとか)。これを活力にまた仕事を頑張りましょうか。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)