日経ヴェリタス掲載-投信手数料値下げの話題

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

7月18日発売の日経ヴェリタスを入手しました。

57ページ「Blogosphere」というコーナーの「投信手数料値下げ、個人は敏感に反応」という記事にて、当ブログが紹介されています。

内容は、先日のSTAMインデックスファンドシリーズの信託報酬引き下げと、それに対するブログ界隈の動向について。

なぜ、ほんの僅かな信託報酬額の引き下げに個人が敏感に反応して騒いでいるのか?という答えが、「リターンはコントロールできないが、コストはコントロールできる」というところにあるというのは、まさにその通りだと思います。

他のブログでは「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」さんや「吊られた男の投資ブログ」さんも紹介されていますね。

うちのブログは、CMAMも含めた信託報酬一覧表を掲載した点で、記者の方に目に留めて頂いたようです。

余談ですが、今回の投信手数料値下げのように、多くのブロガーが話題にするようなネタは、周囲で一番最初にブログ記事にするか、後発の場合は関連情報などの付加価値を付けなければ、なかなかちゃんと読んでもらえないと思います。
特に今回は「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」さんという最大手が真っ先に書いたので、同様の内容で後から書いても、興味を持ってもらえないでしょう(うちの読者はほぼ確実に水瀬さんのブログも読んでいるでしょうから)。

私はよく、新商品なら他のファンドとの比較表を加えたり、新規のインデックスファンドなら指数についての情報も加えたり、運用報告書についてなら関連情報へアクセスしやすいようにリンクを整備したりと、地味に工夫を心がけているのですが、今回の掲載はそれを認めて頂いたような感じで+αで嬉しく思っています。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)