2010年2Q 運用状況

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

2010年2Qまでのリスク資産の運用状況を集計しました。

過去3ヶ月(2010年2Q)の投資収益率は-15.4%。年初来-8.3%
2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では-30.8%となっています。
(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み)

1Qの運用成績は悪くなかったのですが、ここにきて年初来で赤字に転落です。良くも悪くも、こういうアップダウンにもすっかり慣れてしまいましたが。

現在のリスク資産の配分は、日本株20%(EFA、VTの日本株部分を含む)、外国株59%(うち新興国株25%)、日本債券18%、外国債券3%
(別勘定として流動性資金、定期預金、生活防衛資金をキープしています)

これまで比較的株式偏重のアセットアロケーションを組んでいましたが、この3ヶ月で債券比率を増やしてきました。どれくらいリスクを取るか?という方針の変化の為です。

現在のポートフォリオは以下の通り。

日本株

外国株

新興国株

日本債券

外国債券

今期から新しく組み入れたファンドがあります。
以前より中心に据えたいと考えていた「VT」、信託報酬率がクラス最安の「CMAM外国債券インデックスe」、アクティブファンドですが比較的低コストで定評のある「DLIBJ公社債オープンシリーズ」を新たに投資対象としています。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)