カブドットコム証券 フリーETFの提供開始

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

本日、カブドットコム証券より、三菱UFJ投信「MAXIS」シリーズのETF3銘柄の売買手数料無料化の案内が出ました。専用ページはこちら

 カブドットコム証券株式会社は、2010年6月18日(金)予定から、特定のETF(上場投信)の売買手数料を無料とするサービス「フリーETF」(サービス名称)の提供を開始します。
サービス当初の「フリーETF」の対象ETFは、三菱UFJ投信の「MAXIS」シリーズ3 銘柄とし、現物取引、kabu.comPTS(私設市場)、信用取引における売買手数料を、お取引チャネルに関わらず無料とします。

対象銘柄は以下の3銘柄。

  • MAXIS トピックス上場投信(1348) 信託報酬年年0.0819%
  • MAXIS 日経225上場投信(1346) 信託報酬年0.1785%
  • MAXIS トピックス・コア30上場投信(1344) 信託報酬年0.1995%

私なんかは、そう頻繁にETFを売買するわけではないので、売買手数料の無料化が直接大きなメリットになる訳ではありません。

例えば、「MAXIS トピックス上場投信」は直近1ヶ月程度を見ても、出来高が数百口しか無い日がありますし(TOPIX連動型上場投信(1306)だと、少なくても数十万口)、正直、現状ではとても買う気になれないです(板が薄く、売り/買いのスプレッドが開いているようでは)。

が、今回フリーETFとして売買手数料を無料にしたことで、売買が活発になれば、長期投資家にとっても、短期投資家にとっても非常に良い事だなぁと。

この思い切った試みは大いに評価したいと思います。
また、この流れがもっと大きなものになるように応援します。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)