STAM vs eMAXIS 新興国株純資産残高の推移

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

昨年のちょうど今頃、新興国株式インデックスファンドの世界ではちょっとした出来事があり、「STAM新興国株式インデックスオープン」の純資産残高が、先発の「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式」の純資産残高を追い抜きました。

関連記事「新興国株式インデックスファンド比較

さて、その後の推移はと言うと・・・

新興国株インデックスF比較

スポンサーリンク

STAMが年金積立をぶっちぎって純資産を増やしましたね。
やはり低コストの新興国インデックスファンドを初めてノーロード(購入時手数料なし)で提供したSTAMへの支持は大きかったようです(年金積立は基本的には購入時手数料1.05%)。

が、その後、信託報酬率がより低い「eMAXIS 新興国株式インデックス」が登場し、凄い勢いで追い上げています。5/29現在ですがSTAMも年金積立も、先月末に比べて1割以上純資産残高を減らしていますが、eMAXISのみ増加

いずれもMSCI エマージング・マーケット・インデックスへ連動を目指すインデックスファンドですので、パフォーマンスの差ではなく、資金流出入の差の現れでしょう。

eMAXISがSTAMを追い抜く日は近いのかもしれません。
ただ、eMAXISはSTAMに比べて低コスト(信託報酬率が低い)がセールスポイントなのですが、パフォーマンスはSTAMがわずかに上回っている点、原因は何なのか?気になります。

それにしても、STAMが年金積立を追い抜いたと喜んだのが、たった1年前の話しですから・・・ひとつのインデックスファンドに腰を据えて投資するというのはまだ難しいのだなと実感しています。

6ヶ月騰落率(4月末)+12.33%+13.12%

eMAXIS新興国株 STAM新興国株
購入手数料 なし なし
信託報酬率 年率 0.63% 年率 0.8715%
信託財産留保 0.3% 0.3%
組入銘柄数(4月末) 549銘柄 584銘柄
3ヶ月騰落率(4月末) +13.47% +14.13%

いつも応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)