STAM vs eMAXIS 新興国株純資産残高の推移

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

スポンサーリンク

昨年のちょうど今頃、新興国株式インデックスファンドの世界ではちょっとした出来事があり、「STAM新興国株式インデックスオープン」の純資産残高が、先発の「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式」の純資産残高を追い抜きました。

関連記事「新興国株式インデックスファンド比較

さて、その後の推移はと言うと・・・

新興国株インデックスF比較

STAMが年金積立をぶっちぎって純資産を増やしましたね。
やはり低コストの新興国インデックスファンドを初めてノーロード(購入時手数料なし)で提供したSTAMへの支持は大きかったようです(年金積立は基本的には購入時手数料1.05%)。

が、その後、信託報酬率がより低い「eMAXIS 新興国株式インデックス」が登場し、凄い勢いで追い上げています。5/29現在ですがSTAMも年金積立も、先月末に比べて1割以上純資産残高を減らしていますが、eMAXISのみ増加

いずれもMSCI エマージング・マーケット・インデックスへ連動を目指すインデックスファンドですので、パフォーマンスの差ではなく、資金流出入の差の現れでしょう。

eMAXISがSTAMを追い抜く日は近いのかもしれません。
ただ、eMAXISはSTAMに比べて低コスト(信託報酬率が低い)がセールスポイントなのですが、パフォーマンスはSTAMがわずかに上回っている点、原因は何なのか?気になります。

それにしても、STAMが年金積立を追い抜いたと喜んだのが、たった1年前の話しですから・・・ひとつのインデックスファンドに腰を据えて投資するというのはまだ難しいのだなと実感しています。

6ヶ月騰落率(4月末)+12.33%+13.12%

eMAXIS新興国株 STAM新興国株
購入手数料 なし なし
信託報酬率 年率 0.63% 年率 0.8715%
信託財産留保 0.3% 0.3%
組入銘柄数(4月末) 549銘柄 584銘柄
3ヶ月騰落率(4月末) +13.47% +14.13%

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)

コメント

  1. eMAXISとSTAMの月次資金流出入額の比較(新興国株式)

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-806-1005291223.html
    以前、『eMAXISで本当にいいのか?(6)』という記事で、
    2010年3月のSTAM新興国株式インデックス・オープンとeMAXIS新興国株式インデ…

  2. 弐億貯男 より:

    eMAXISがSTAMと比較してパフォーマンスが悪く
    なってしまっている件、
    eMAXISのほうが資金流入額が大きいことから、
    為替コストや株式取引コストがSTAMよりも大きく
    発生して、それが基準価額に反映しているのかも
    しれませんね。
    投信購入時には購入者から信託財産留保額を
    徴収していませんので。
    マネックス証券の対談記事を見てそう思いました。
    http://www.monex.co.jp/AboutUs/00000000/guest/G800/new2010/news1005k.htm

  3. kenz より:

    わかりやすいグラフですね。
    あと数カ月程度でeMAXISがSTAM新興国株式を追い越しそうです。新興国株式クラスはCMAMにないせいもありますね。

  4. のら より:

    下のチャートのように値動く気を比較してみると、両者の3カ月騰落率、6カ月騰落率ほど大きな差がないように見えるのですが。。。。何でだ?4月末という時期は確かにeMAXISは一時的に下方に乖離したようにも見えます。しかし、それだけでは説明がつかないようにも感じます。
    それとも、基準価格と騰落率を一緒に考えるのは間違えているのでしょうか。
    チャートを見る限りはeMAXISの方が一時的に下方にぶれやすいようには感じます。ただ、立ち上げて間もなく純資産額も小さいというハンディもあります。ハンディの割には先行するSTAMになんとか追いつけているようにも見えます。
    4月末と言う時期が悪かったのか、考えが間違えているのかよく分かりません。
    http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6431208C&ct=z&t=3m&q=l&l=off&z=n&p=&a=&c1=0331809A&bc=%E6%AF%94%E8%BC%83

  5. じゅん@ より:

    >弐億貯男さん
    ピクテの新興国インデックスファンドで話題になった件ですね。
    確かに、投資の入り口でかかるコストを皆で負担している為に、リターンが犠牲になっている実例なのかもしれませんね。
    >kenzさん
    このままeMAXISが追い抜くのか?STAMが何か手を打ってくるのか?気になるところですね。
    >のらさん
    結局、チャートで全体のリターンから見ると目に見えない誤差のような話ですが、4月末以外でも基準価額の時系列データを追って行くと、STAMの方がわずかに優っているようなんですよね(月次データでしか見ていません。細かく見ると違うのかも)。
    インデックスファンドの場合、どちらが指数により近いのかを考えるべきかもしれませんが。