ネット上で入手可能な、期待リターンとリスク、相関係数のデータ

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

※追記2014/07/12 記事内のデータが古くなっていますので、アップデートしました。
ネットで入手可能な、期待リターンとリスク、相関係数データ(2014年7月)

資産配分(アセットアロケーション)を考える際に、どのような配分が最も効率的なのか?気になるところですが、実はMSエクセルの「ソルバー」機能を使えば簡単に最適化の計算が出来ます。

が、ここで問題になるのは、どのような「期待リターン」と「リスク」を前提として計算するか?という点です。

公表されている「期待リターン」と「リスク」のデータとして有名なものではGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のものがあります。
・「基本ポートフォリオの検証について(平成20年6月23日)

GPIF(1973年~2007年)データ

期待リターン リスク
国内債券 2.8% 5.4%
国内株式 5.3% 22.15%
外国債券 3.4% 13.25%
外国株式 6.0% 19.59%
短期資金 2.1% 3.72%

相関係数

国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 短期資金
国内債券 1.00
国内株式 0.16 1.00
外国債券 -0.06 -0.25 1.00
外国株式 -0.05 0.27 0.56 1.00
短期資金 0.46 0.01 -0.05 -0.11 1.00
スポンサーリンク

その他にネット上で公表されているデータとしては、「KKR(国家公務員共済組合連合会) 資産運用委員会意見書 附属資料(H22.3.8)」や「ニッセイ基礎研究所 年金ストラテジー(Vol. 145) 2008」、「みずほ信託銀行 長期投資環境見通しと資産別期待リターン・リスク」が見つかりましたので以下にメモ。

KKR (2000年~2009年12月)データ

期待リターン リスク
国内債券 1.2% 2.0%
国内株式 4.2% 18.4%
外国債券 1.1% 10.0%
外国株式 4.2% 19.5%
短期資金 0.1% 0.1%

相関係数

国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 短期資金
国内債券 1.0
国内株式 0.0 1.0
外国債券 0.2 0.3 1.0
外国株式 0.0 0.7 0.4 1.00
短期資金 0.0 0.0 0.0 0.0 1.0

ニッセイ基礎研究所 (1987年~2006年)データ

期待リターン リスク
国内債券 4.6% 3.6%
国内株式 5.5% 19.5%
外国債券 6.1% 10.6%
外国株式 10.8% 17.5%
短期資金 2.3% 0.7%

相関係数

国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 短期資金
国内債券 1.00
国内株式 0.02 1.00
外国債券 0.05 -0.06 1.00
外国株式 -0.03 0.31 0.55 1.00
短期資金 0.18 -0.02 -0.06 -0.03 1.00

みずほ信託銀行 (2010年4月現在)データ

期待リターン リスク
国内債券 3.5% 3.7%
国内株式 6.0% 21.6%
外国債券 3.5% 12.6%
外国株式 6.0% 20.2%
短期資金 2.5% 3.5%

相関係数

国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 短期資金
国内債券 1.0
国内株式 0.0 1.0
外国債券 -0.1 -0.2 1.0
外国株式 -0.1 0.3 0.6 1.0
短期資金 0.3 0.1 0.1 0.0 1.0

実際に、これらを用いて最適なアセットアロケーションを求めるには、以下の山崎元氏のコラムが参考になります。

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)