リスク許容度の考え方

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

スポンサーリンク

リスク許容度とは、「どれだけの損失に耐えられるか?」ということ。

資産運用を考える際に一番重要な前提条件となるはずですが、理論的に計算で出せる数字ではないですし、証券会社のHPなどにありがちな簡単なアンケートで決めてしまえるものではないでしょう。

各自が人生設計、資産状況、生活スタイル、家族の理解、仕事の状況、好みなどを考慮した上でじっくり考えなくてはいけません。

と言っても、一生懸命考えたからと言って、明確な答えが出るものでもないのですが・・・

結局は実際に経験から学ぶしかないのかも。

うちの場合、DINKSで夫婦二人とも健康ですし、まだ30代。
一般的に考えてもリスク許容度は高い方だと思います。
「投資は余裕資金で」と思っているので、最悪リスク資産がゼロになっても良い位に思っていましたが・・・

リーマン・ショックに始まる金融危機で、リスク資産がマイナス50%近くまで下がり、同時にリストラで職を失う危機を経験した時は、さすがに気分が悪くなりました。

今は、資産全体のリスクが2標準偏差で13%程度(リターンが正規分布するとして、年間1割程度のマイナス)がいいところかと、少し前から方針を転換しています。

いつまでに 幾らほしいか?」を考えると、うちの場合、無理に運用でリスクをとる必要は無いんじゃないかな(他のブログ等を読んでいると、私も最近の株価下落はチャンスと、余裕資金をツッコミたくなりがちですが、ここは冷静に)。

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)