海外ETF(香港上場)5銘柄追加

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ここのところ、香港上場中国株ETFの新規取り扱いのニュースが続いていますが、楽天証券及びSBI証券で、新たに5銘柄追加が発表されました。

コード 名称 管理報酬等
03009 db x-trackers MSCI Emerging Markets TRN Index ETF
db x-トラッカーズ-MSCIエマージング・マーケッツTRNインデックスETF
0.65%
03035 db x-trackers MSCI EM Asia TRN Index ETF
db x-トラッカーズ―MSCI EMアジア TRNインデックスETF
0.65%
03048 db x-trackers MSCI Brazil TRN Index ETF
db x-トラッカーズ-MSCIブラジルTRNインデックスETF
0.65%
03027 db x-trackers MSCI Russia Capped Index ETF
db x-トラッカーズ-MSCIロシア・キャップド・インデックスETF
0.65%
03019 db x-trackers MSCI World TRN Index ETF
db x-トラッカーズ-MSCIワールドTRN インデックスETF
0.45%

こうして選択肢が増える事は良いのですが、実際に何を基準に投資する商品を選ぶのか?(贅沢な)悩みもまた増えています。

私は、商品自体のコストと現物保有(できれば完全法)である事を重視して、VTほかバンガードのETFが良いと思っていますが、「上場インデックスファンド海外先進国株式(1680)」や「上場インデックスファンド海外新興国株式(1681)」が国内上場し、どうしたものか悩みます。

(ブログネタになる以外に)新商品に飛びつくメリットがある訳でも無いですし、別に急いで結論を出さなければいけないものではないので、のんびり考えれば良いんですけどね。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)