8資産クラスで見たリターン順位(2004~2009)

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

分散投資を勧める理由の一つとして良く用いられるデータですが、住信AMのサイトに掲載されたコラム「インデックスファンドを利用した投資手法について」にて、最新の2009年までの8資産クラスのリターン順位が掲載されています。

8資産クラス年間収益率(2004-2009)

2008年は最下位(-62.7%)だった新興国株式クラスが、2009年には1位(+81.1%)となるなど、毎年各資産の順位とリターンは大きく変動しています。
また、2008年には唯一プラスだった国内債券クラスが、2009年には最下位となっている点も印象深いです。

今、結果を見て考えると、大きな流れを読んで有利なクラスに資金を集中させれば楽勝!なんて気がするかもしれませんが・・・

実際には2008年秋からの底の見えない暴落時に、資金を新興国株式クラスに注力する事は非常に難しい選択です(一歩間違えば致命的なダメージとなっていたかもしれない)。

上手く機動的に立ち回れた人よりも、逆に暴落後の底値で株式クラスを売り払ってしまい、悔しい思いをした人の方が多い位なのでは?

株でひと山当てようという事ではなく、長期的な視点で資産形成を狙う私達は、きちんと許容リスクに見合ったアセットアロケーションで幅広く分散投資を行い、そこそこのリターンを安定して長期にわたり得る事(負けないこと)が大切なのだと、この表を見て改めて感じます。

※各クラスリータンは以下の指数を使用。
「国内株式」東証株価指数(TOPIX)(配当込み)
「先進国株式」MSCI コクサイ・インデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)
「新興国株式」MSCI エマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円換算ベース)
「国内債券」NOMURA-BPI 総合
「先進国債券」シティグループ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)
「新興国債券」JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイド(円換算ベース)
「国内REIT」東証REIT指数(配当込み)
「外国REIT」S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円ベース)

※「分散投資」は、上記8資産に均等に投資した場合の合成指数
いずれも、Bloombergデータをもとに住信アセットマネジメントが作成

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)