グローバルREIT利回りと10年国債利回り比較

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

モーニングスターさんで、グローバルREITに関する気になる記事がアップされていました。
2010年のグローバルREIT市場は波乱の展開となる可能性も

2009年に既存ファンドで最も資金を集めたのは、グローバルREITファンドだそうで、私が保有している「STAMグローバルREITインデックス・オープン」も「DIAMワールド・リート・インカム・オープン(世界家主倶楽部)」も昨年は+40%以上のリターンとなっています。

が、ここから先はどうでしょうかね?

もともと私がアセットアロケーションに海外REITを組み入れている理由は以前にも書きましたが、あまり積極的な理由ではありません。

金融危機以降は特に、利回りが債券よりは魅力的だろうと考えてきましたが・・・

モーニングスターの記事中で示された2009年12月末時点の各国REIT利回りと10年国債利回りの比較(下図)を見ると、REITに割安感が感じられません。
(利回りが同程度なら、そりゃぁ安全な国債を買った方が良いと皆考えるでしょう。)

各国REIT利回りと10年国債利回り比較
※S&P先進国REIT指数データよりモーニングスターが作成

ちなみに、12月30日現在で「STAMグローバルREITインデックス・オープン」は米国57%、オーストラリア15%、フランス8%、英国8%、カナダ2%、「DIAMワールド・リート・インカム・オープン」は米国40%、オーストラリア17%、フランス8%、英国8%、カナダ8%といった組み入れ比率です。

タイミング投資を狙っている訳ではありませんが、グローバルREIT銘柄の整理など行うには、まぁ良い頃合なのかな?なんて感じています。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)