今週の週刊ダイヤモンドはインデックス投資特集?!

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

既に相互リンク先でも紹介されていますが、今週の週刊ダイヤモンドは非常に面白い内容でした。

投信業界の高コスト体質にズバッと切り込んだ点は気持ちが良かったですし、分散&インデックス投資の「伝道師」、カンさん、山崎元さん、小松原さんの座談会では、「日本株式への配分の目安」や「債券は組み入れるべきか」など、インデックス投資ブログ界隈でも良く話題になる内容が取り上げられています。

参考記事:
・rennyの備忘録「証券会社、銀行が買い占めちゃう前に!急がないと(笑)
・ホンネの資産運用セミナー「週刊ダイヤモンドが投信の「事業仕分け」で高コスト構造に切り込む
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー「週刊ダイヤモンド12/19号「負けない海外投資全指南」。充実のインデックス投資特集

スポンサーリンク

特集「負けない海外投資全指南」

Part1 「世界経済の成長」を買う!
Part2 低コストと分散で負けない!
Part3 何を買えばいい?全ガイド
Part4 「買い時」はいつ?大予想

インデックス投資の話は当然面白く読んだのですが、実はもう一つ地味に嬉しい特集が、「経済学者・経営学者・エコノミスト142人が選んだ 2009年の『ベスト経済書』」のリストです。

解説とともに50冊弱もリストアップされていますので、当分楽しめそうですよ。



応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)


コメント

  1. 週刊ダイヤモンド 2009.12.19 特集「負けない海外投資全指南」

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-733-0912142250.html
    乙が読んだ雑誌です。「「本当に買っていいETF・投信」完全分析」という副題がついています。 特集自体は、pp.34-83 ということで、50ページもあ…

  2. 矢向 より:

    特集についてボリュームが・・・海外証券会社の動向が・・・
    日本ではDRIPが・・・などなどまだまだ色々とありますがそれよりもよい商品を利用者に届けるという意味ではまずはいい雑誌だったと思います。

  3. じゅん@ より:

    >矢向さん
    インデックス投資に興味の無い一般の多くの方にとっては、あまり面白くない特集だったかもしれませんけどね(苦笑)