新興国株ファンドパフォーマンス検証(STAM・EEM・VWO)

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

先日の記事「まとめ・STAMインデックスシリーズ第4期決算(2009年11月)」にて、矢向さん「矢向町のインデックス投資家」よりSTAM 新興国株式インデックス・オープンと海外ETF(EEM)のパフォーマンスの比較についてコメントを頂きました。

前期決算でのパフォーマンスとしては、「STAM新興国株式インデックス・オープン」は、対象指数である「MSCIエマージングマケットインデックス」を1.6%下回る成績でしたが、海外ETF(EEMなど)よりはむしろ成績が良い様なのです。

私自身でも追加検証してみました。

  • STAM新興国株式の前期決算期間(2008/12/15~2009/11/10)でのパフォーマンス比較
  • 分配金は税引き前、期末に円換算、再投資せず。
  • 海外ETFヒストリカルデータはYahoo! Financeより取得。
  • 為替ヒストリカルデータは、みずほ銀行公示値(仲値)を使用

(対象指数)MSCIエマージングマーケットインデックス(円換算・配当抜き)
+71.8% (※STAM運用報告書より)

■ STAM新興国株式インデックスファンド
+70.2% (※STAM運用報告書より)
(信託報酬率 年率0.8715%)

■ iシェアーズMSCI エマージング・マーケット・インデックス・ファンド(EEM)
2008/12/15 終値 24.43 ドル(1ドル=91.17 円)
2009/11/10 終値 40.92 ドル(1ドル=90.03 円)
期間内分配金 0.587707 ドル
ドルベースパフォーマンス +69.9%
円ベースパフォーマンス +67.8%
(Expense Ratio 年率0.75%)

バンガードエマージングマーケットETF(VWO)
2008/12/15 終値 24.38 ドル(1ドル=91.17 円)
2009/11/10 終値 40.68 ドル(1ドル=90.03 円)
期間内分配金 1.178 ドル
ドルベースパフォーマンス +71.7%
円ベースパフォーマンス +69.5%
(Expense Ratio 年率0.27%)

という訳で、これらの数値から判る事は、海外ETFの方が信託報酬コストが低いからと言って、その分パフォーマンスが良い(指数からの乖離が少ない)とは限らないという事。

あくまでこれは単年度の結果ですし、ここでは省略したその他多くの要素(売買コスト、税金、分配金を再投資したらどうなるのか?など)を含むと、また話が違うでしょう。

STAM新興国株式インデックスファンドは、今回の決算では信託報酬以外のコストが比較的多かったのですが・・・
(参考記事:NightWalker’s Investment Blog「衝撃のSTAM新興国株式インデックスオープンの第1回運用報告書

海外ETFとの相対評価では、まぁそこそこ良い運用されているんじゃない?と言って良い様に思いました。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)