特定口座の「みなし廃止」について

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

楽天証券より、特定口座の「みなし廃止」の案内が来てしまいました。

特定口座に残高が無くなった日以後2年を経過する日の属する年の12月31日までの間に残高が生じない場合、翌年の1月1日に特定口座が廃止されると言うものです(MRF残高アリじゃ駄目なんですね)。

確かに、年間取引報告書の作成ほか、楽天証券さんには無駄なコストを払わせてしまって申し訳ないのですが・・・今後取引する意思が無いわけでは無いんですよ!
ファンドの償還統合・改悪で失望した2社については今年口座を廃止しました。)


楽天証券の使用予定が未定

そう・・・海外ETFの特定口座対応を先頭を切って実施してくれれば、全ての保有ファンド・ETFを移管し、以後定期的に積み立てていく事を約束するのですが。

海外株ETFの国内上場は、なかなか難しい問題を抱えている事も明らかとなってきていますし(参考記事:吊られた男の投資ブログ:「(外国株インデックスが上場されても)国内上場ETFに期待できない吊られた男」)、チャンスだと思うんです。

という訳で、海外ETFの特定口座対応が実現する日が案外近いかもしれないと、みなし廃止されないよう、臨時で「(1306):TOPIX連動型上場投資信託」を10口購入し、特定口座に入れておきました(廃止されると、再度開くのに手続きが面倒ですので・・・)。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)