私の投資法(自動積立+インデックス投資+分散)

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ここらで、私がどの様にリスク資産へ投資を行っているか?まとめておきたいと思います。


<資産形成の目的>

老後に向けた資産形成(自分年金作り)の一環として。

定年までに5000万円」をとりあえずのマイルストンに掲げていますが、実際の運用期間は死ぬまでという事ですし、定年まで働くとも限りません。5000万円という金額は最低目標額で、その上を目指しています。)

<資産形成の方法・手段>

自動積立+インデックス投資+分散投資

「貯蓄体質」などと言われる方法ですが、給料から毎月一定額を先に積立にまわし、残りで消費支出を考えるやり方をしています。

積立先は投資信託のようなリスク資産である必要は無いかもしれませんが、元本保証が絶対必要というお金ではないし、少々リスクをとっても預金金利+αに増える事を期待しています。

また、このように毎月一定額を投資していく方法(ドルコスト平均法)は、投資タイミングを分散する意味もあります。どのみち高値、底値を当てる事は(私には)出来ないので、投資タイミングは考えていません

分散投資を心がける

「投資タイミング(時間)の分散」の他に、「投資先の分散」、「投資商品の分散」を心がけています(分散投資)。

投資商品の分散については、株と債券、円と外貨と値動きが逆になる傾向のものを組み合わせる事でリスクを軽減します。

投資先については、集中投資の方が当たると大きいのでしょうが、私の場合は投資対象の倒産など致命的な結果となる可能性を除外する事を優先。また、国内に限らず広く世界に分散投資する事で、日本にはないビジネスやイノベーションの機会に期待しています。

インデックスファンドやETFをツールとして利用

この投資先の分散を自力でやろうとすると大変ですが、低コストで・簡単に行う方法として投資信託(特にインデックスファンド)やETFをツールに用いています。
得られるリターンが不確実な中で、コストの削減は確実にプラスとなります。なので、アクティブファンドよりは信託報酬の低いインデックスファンド・ETFを選択。手数料のかかる売買も極力控えます。

また、インデックス投資のメリットとして常に平均点(指数と同じリターン)が約束されています。大きく勝つ事は無いけれど、大きく負ける事は無い!適正な株価が付いているという前提ですが、必ず平均点がとれるというのは非常に魅力的です。

といった思考が、現在の私の投資法の大枠となっています。

今回これを書いたきっかけは、かえるさんのセゾン投信セミナーに関する記事で、「「積立+インデックス+分散」の良さを勉強できました。」と書かれていた為。

私はセゾン投信を購入してはいませんが、同じ様な考えでコツコツ投資を実践している一人として、私の考えをここにまとめておきます。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)