楽天証券で楽天ポイントで投資信託が買えるように!100円以上1円単位で利用可

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

楽天証券では8月26日より楽天スーパーポイント(以下楽天ポイント)で投資信託が買えるようになります!

参照業界初!投資信託ポイント買付サービスがスタート!

期間限定ポイントは使えないなど制約もありますが、他の証券会社ではマネの出来ない画期的な試み。

楽天市場、楽天カード、楽天銀行と楽天グループのサービス利用で資産形成が加速します。


投資信託ポイント買付サービスの詳細

  • サービス開始予定:2017年8月26日(土)
  • 1ポイント1円から利用可能。100円以上1円単位~
  • 対象サービス:通常買付(金額指定のみ) ※積立買付・口数指定買付・ジュニアNISA口座での買付は対象外
  • 対象ポイント:楽天証券ポイント、楽天スーパーポイント(ただし、期間限定ポイント、他ポイントから交換して保有している楽天スーパーポイントは利用不可)

100円以上1円単位で利用可能と言うことで、余っているポイントはどんどん投資にまわす事が出来ます。

本当は積立て引落しに自動的にポイントを充当してくれれば最強なのですが、現時点では積立てには利用出来ないとの事。

ただし本当は楽天ポイントは楽天市場で使う方がお得

という訳で、画期的なサービスなのは間違いないのですが、楽天ポイントを投資信託の購入に充てた場合、1ポイント1円としての利用にしかなりません。

それに対し、楽天市場でのポイントの利用はポイントサイトを経由することでポイントが更に溜まります!

まるで複利の様な、ポイントが更にポイントを産む仕組み。

例えば、私は楽天市場の利用にハピタス経由で更に1%ポイントバックをもらっています。

ポイントサイトでも、例えばSBIポイントモールの様に楽天ポイント利用分は対象外となるサイトが多いので要確認!(ハピタスはポイント利用分も対象になります)。

お金に色は無いので、楽天市場でポイントを利用して日用品を購入し、投資信託は投資信託で現金で購入するのがトータルではお得でしょう(日用品の購入で使い切れないほどポイントを稼いでいる人は別ですが)。

こちらから登録で30ptプレゼント!

楽天ポイントを貯めるには

私の場合は最近は月に6,000ポイント程度の楽天ポイントの獲得があります。過去の通算で40万ポイントにもなっているのでちりも積もればを実感しています。

楽天ポイントは通常1%還元(100円で1ポイント)ですが、楽天カードの利用でポイント3倍、お買い物マラソンでポイント10倍と、利用すればするほど溜まりやすい。

楽天カード(JCBブランドに限る)はnanacoチャージでポイントが付与される事から、自動車税などの納税でも間接的に楽天ポイントが溜まります。

この週末に自動車税の納付を終えました。自動車税を「パソコン」や「スマートフォン」からクレジットカード払い可能な自治体がかなり増えた様で、これはこれで便利なのですが、決済手数料がかかるケースが多いようです(私が住む県では1件324円(税込))

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)