SBI証券 – 海外ETF9銘柄追加(9/18~)

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

スポンサーリンク

SBI証券にて、下記の米国ETF9銘柄追加予定(9/18~)との案内が出ました。

ティッカー 銘柄(英語) 信託報酬
CFT iShares Barclays CREDIT BOND Fund
シェアーズ バークレイズ 米国クレジット ファンド
0.20%
CIU iShares Barclays Intermediate Credit Bond Fund
iシェアーズ バークレイズ 米国クレジット 1-10年 ファンド
0.20%
CSJ iShares Barclays 1-3 Year Credit Bond Fund
iシェアーズ バークレイズ 米国クレジット 1-3年 ファンド
0.20%
EMB JPMorgan USD Emerging Markets Bond Fund
iシェアーズ JPモルガン 米ドル建てエマージングマーケット債券ファンド
0.60%
IEF iShares Barclays 7-10YR TREASURY BOND Fund
i シェアーズ バークレイズ 米国国債 7-10 年 ファンド
0.15%
IGOV S&P/Citigroup International Treasury Bond Fund
iシェアーズ S&Pシティグループ世界国債(除く米国)ファンド
0.35%
MBB iShares Barclays MBS Bond Fund
i シェアーズ バークレイズ 米国MBS ファンド
0.34%
SHV iShares Barclays Short Treasury BOND Fund
iシェアーズ バークレイズ 米国短期国債ファンド
0.15%
SHY iShares Barclays 1-3YR TREASURY BOND Fund
iシェアーズ バークレイズ 米国国債 1-3年 ファンド
0.15%

今回追加されたのは、いずれも楽天証券やマネックス証券では既に取り扱いのある銘柄です(IGOVだけ、マネックス証券はまだだったかな?)。
→海外ETFまとめページ

選択肢が増える事はありがたいと思いますが、今のタイミングだと日興AMが9月30日に上場予定の国内ETF「上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型 (1677)」(信託報酬0.2625%)の方が、注目度が高いでしょう。

個人的には、外債クラス自体にあまり興味が無いというのが正直なところですが・・・(山崎元氏流に)。

 「外債」というアセット・クラスをどうするかを少々考えたが、個人には不要だろう。
取引時の為替手数料や債券価格を考えると不利な商品(債券)が多く、外貨預金も同様に気が進まず、外債に投資する投信は手数料が高い。また、外株に投資したいので、外債でも為替リスクを取ると、個人にとって為替リスクが過大になる公算が大きい。「為替リスク枠」は外株に割り当てたい。



応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)