新生パワーダイレクト ログインキャンペーン

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

2009年9月1日(火)~10月30日(金)まで、新生銀行のネットバンキング(新生パワーダイレクト)にログインし、エントリーする事で抽選で100名に3,000円が当たるというキャンペーンが行われています。

「新生パワーダイレクト ログインキャンペーン 詳細」

100名じゃ当たらないだろうと思いながらも、とりあえずエントリー完了。
このキャンペーン、パスワードの変更や登録メールアドレスの確認を促す狙いなのでしょうかね?(私にはいまいち意図が判りませんが・・・)

ところで新生銀行と言えば、最近下記の件が話題にあがっていました。

新生銀行が一部顧客に「とんでもないお願い」-Business Media 誠

 「新生銀行」が一部顧客にとんでもないお願いをして、話題になっている。同行では、提携先金融機関のATMから現金を引き出す際の手数料を何回でも無料としている。
 しかし、提携先ATMからの引き出し回数が多い一部の顧客を対象に、利用回数を抑えるよう求める文書を郵送した。
 銀行関係者からは「無料だと言って顧客を集めておきながら、使うなというのは、商売人としての倫理に欠ける」と厳しい声も出ている。

この記事のように「とんでもない話」という見方がある一方、いきなりの改悪ではなくあくまで「お願い」である点、まだ良心的ともとれます。

まぁ今回の件、「お願い」をした事の是非はともかく、無料サービスのあり方を考える良い機会になったかもしれませんね。

下記リンク先のように「一部の多数回引き出す人間が問題なのであれば、ATM引き出し手数料無料回数を制限するように、きちんとルールに決めれば良いのでは?」と考える方も多いようですし、私もその通りだと思います。

いきなり制限されたら『改悪だ!』なんて大騒ぎするでしょうが(多分私もそう)、今回の一件がきっかけで多くの顧客が『無料回数の制限は仕方が無い』と思うようになったとすれば、新生銀行の狙いは成功かも?!

<参考記事>

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)