資産形成のために意識する5つの要素

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

スポンサーリンク

ごく一般のサラリーマンにとって資産形成は一朝一夕に成るものではありません。

毎月の給料からコツコツと積立を行いながら、複利の力を借りて増やすという以外に王道は無い訳です。

これを公式で表すと以下の5つの要素になります。

資産形成=Σ(収入-支出)+資産×運用利回り
  1. 収入:収入を増やす(減らさない)
  2. 支出:支出を減らす
  3. 資産:貯蓄する
  4. 運用利回り:投資で増やす
  5. Σ:時間を味方につける

投資に興味のある人達の間では「運用利回り」をいかに上げるかというところに話題が集まりますが、1要素に過ぎません。

我が家では、以下のように5つの要素を意識して資産形成を行っています。

収入を増やす(減らさない)

これは一番難しい項目です。給料を上げる為には高い給料に見合うものが必要ですし、自分の努力だけではどうにもならない。
副業も同じ。片手間で楽して稼げる美味しい話は無いでしょう。

我が家は夫婦共働きを前提とする事で収入をかさ上げしています。

私自身の年収は35歳時をピークに今は大きく減ってしまいましたが(労働時間は増えているのに)、妻がカバーしてくれています。
年齢的に、今後収入が増えなくともこれ以上減らさないよう、オプションを持っておかないといけないですね。

支出を減らす

支出のコントロールは一番重要な項目でしょう。
無理に締め付ければ良いってものではないので、何にお金を使うか、どこで折り合いを付けるか、金銭感覚を夫婦で良くすり合わせる事が重要なポイントだと思っています。

例えば、大きな費用として住宅購入費がありますが、国土交通省の平成28年度住宅市場動向調査についてによると、分譲マンションの平均購入費用は4,423 万円との事。

都会の人は5,000万円代でも普通の感覚なのかな? 郊外住みの人から見ればどんな豪邸や!という話。
ものの価値は何を基準に見るかで変わってきます。

生活の満足度を落とさずに、上手く締めるところは締めるには、夫婦(家族)で意識を合わせる事。

まずは、家計の決算報告などにより目に見える形で相手に伝えるところからだと思います。

家計を上手くコントロールして資産形成を行う為には、大雑把でも良いので家計のストックとフローを夫婦で把握しておく事が一番重要だと思っています。...

貯蓄する

定期預金や個人向け国債など安全資産をベースとして、その一部をリスク資産で運用する事になります。

安全資産とリスク資産のバランスをどう取るかは、リスク耐性の点で重要ポイントなのですが、人それぞれで正解がある訳ではないですね。

生活に必要な金額を差し引いて残りは全てリスク資産へ投資できれば効率が良いと思いますが、我が家では精神的な安定の為に、金融資産の50%は安全資産で持つようにしています。

投資する

株式の期待リターン(期待収益率)は5~6%と言われるなかで、投資だけで資産を大きく増やそうとするのはリスクが大きいし、実際私には困難だと思います。

そこそこの運用益が得られれば良いので、あとは元本をいかに増やすかを考える方が面白いし興味があります。

インデックスファンドの積立投資という手法が固まった今では、投資には手間をかけずに他にリソースを割り振りたい。

時間を味方につける

2018年から積立NISAが始まる予定です。
非課税となる限度額は年40万円までですが、期間が20年間となります。

例えば、月10万円の積み立てを20年間継続し、期待リターン3%、リスク10%での運用を考えると、期待値は3,268万円。実際にはバラツキがあるので期待リターンの通りに増えはしませんが、最頻値は2,900万円。

もしこの運用を20代から40年間続ければ期待値は9,200万円 (最頻値7,100万円) になるので、いかに継続する事、時間を味方につけることが重要か。

期待リターン:3.00% リスク:10.00%
元本:0万円 総投資額:10万円 期間:20年
(期待値:3268.5 標準偏差:898.1 中央値:3151.7 最頻値:2930.5)

by 長期投資予想/アセットアロケーション分析

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)