新興国株ETF – EEMをVWOに乗り換え

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

私は新興国株クラスを「STAM新興国株式インデックス・オープン(信託報酬年率0.8715%)」で積み立てていますが、ある程度まとまった額になったところで、よりランニングコストの安い海外ETFに買い替え(リレー投資)しています。

以前なら、「iShares MSCI Emerging Markets ETF (EEM)(expense ratio 0.72%)」が定番でしたが、昨年秋に「Vanguard Emerging Markets (VWO)(expense ratio 0.27%)」の国内取り扱いが始まってからは断然こちらがコストが安い。

と言うわけで、今回新規にVWOを買う機会がありましたので、過去に購入したEEMも全て一度売って、まとめてVWOに乗り換えました。

一度売却する事で、取引手数料26.25米ドル(@SBI証券)が余計にかかってしまいますが、EEMとVWOのexpense ratio差が0.45%もありますので、6,000ドル弱の投資額があれば1年で元が取れる計算ですね

EEMとVWOの信託報酬額以外の違いについては、過去記事でも触れていますが・・・

  • 組み入れ銘柄数 EEM 329銘柄 vs VWO 783銘柄
  • 組み入れ上位国比率(6/30) EEM 中国(16.3%)、ブラジル(14.8%)、韓国(11.3%) vs VWO 中国(19.5%)、ブラジル(14.9%)、韓国(12.4%)
  • Average Volume(3M) EEM 7000万 vs VWO 600万

組み入れ銘柄数に関しては、コストや流動性など問題がクリアできるのであれば、指数と同じ銘柄を完全法で組み入れた方が良いのでしょうが、銘柄数の情報だけではEEMとVWOのどちらが良いのか簡単に判断できません。

また、VWOはアジア偏重という傾向が以前よりあるようですが、現在でもその傾向があるようです(これもどちらが良いのか悪いのかは判りませんが・・・)。

出来高については両者でかなり差がありますが、VWOのレベルがあれば取引に実際の問題は無いのだと思います。昨夜もVWOは発注後すぐに約定しました。

と言うわけで、EEMとVWOの違いですが、コスト以外はどちらが良いか明確な答えは無いように思います。私としては、もちろんこのコスト差を重視して、VWOへ乗り換えと言う選択を行いました。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)