個人型確定拠出年金(iDeCo)の予約申し込みが始まっています(2017年1月から対象者)

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

2017年1月からの、個人型確定拠出年金(iDeCo)制度改正により新たに加入が可能となる方を対象とした予約申し込み(資料請求)が始まっているようです。

私は現在、厚生年金基金に加入しているサラリーマンですので対象になる(はず)という事で、SBI証券楽天証券に資料請求を行いました。

PRSBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

個人型確定拠出年金(iDeCo)口座はSBI証券か楽天証券のどちらを選ぶ?
2017年1月1日より個人型確定拠出年金(iDeCo)に誰でも加入出来るようになりますが、ここに来て証券各社も顧客の囲い込みに盛り上がってき...

手続きには時間がかかる様ですので、すぐに積立を始めたい場合には早めに動いた方が良さそうです。

ところで、iDeCoは「誰でも加入可能に」とは言うものの、加入には細かい点で制約があるようです。

場合によっては会社の年金担当者との調整も必要となるので面倒な・・・

スポンサーリンク

企業型確定拠出年金(DC)加入者の場合

企業型DC加入者の場合は、規約でiDeCoへの加入を認めている場合のみ加入可能
マッチング拠出を規定している場合、iDeCOへの加入を併用する事はできません(厚生労働省リーフレットより)。

規約の変更は組合等に動いてもらうにしても同意の取得に時間がかかると思います。

参考<個人向け>個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のご案内

厚生年金基金加入者の場合

企業年金として厚生年金基金に加入している場合については、上記のリーフレットの説明を読む限り特に制約は書かれていません。

しかし、楽天証券の事前加入申し込みページの注釈には下記の様に記載されています

現在、企業型確定拠出年金、企業年金のある企業にお勤めの方は2017年1月以降制度改正が行われても、お勤め先の規約等により加入できない場合があります。詳しくはお勤め先の人事部等に確認してください

私の勤め先の様な中小の年金担当者がどこまで理解しているのか・・・回答が得られるまで時間がかかる気がします。

iDeCoに加入の際に会社に依頼する事は?

あと、何を会社に頼まなければいけないのか調べました(うちの社内では誰も動かないと思うので)。

少なくとも以下の点については、年金担当者に話をしておかなければいけないようです。

  • 加入を希望する従業員が提出する事業主証明書に必要事項を記入してもらう(加入時)
  • 国民年金基金連合会から加入者の資格の有無の確認があるので事業主に証明してもらう(年1回)

参照厚生労働省 事業主向けリーフレット

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事