ブログの軽量化で起こった問題

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

たくさんの投資関係のブログがある中、このブログを読んで下さっている方々、ありがとうございます。

出来るだけ読者の方が目を通し易いようにと、色々と考えてブログを作っているのですが、重要と思うもののひとつが「軽量化」です(自分の経験では、なかなか本文が表示されないサイトは、そのまま閉じてしまいますので)。

このブログのTOPも重めなので、なんとか出来ないかと悩んでいたのですが、gzip圧縮という方法で、index.htmlファイルのサイズを一気に83%減らす事に成功しました!(この辺りの話は、旧(サブ)ブログの方で書いています)。

こうして、表示が軽くなって喜んでいたのですが・・・どうやら最近このブログにアクセスできない方が居ると聞いて、本日設定を従来通りに戻しました
いかがでしょうか?これで見えますかね?(これで駄目なら原因が判らない・・・)

結局、軽量化については地道にやる事にします。

さてこの他に、私がブログ作りで考えている事の一部を紹介。

画面のスクロール無しに、最新記事に到達可能とする

TOP画面が表示され、最新記事タイトルにたどり着くまでに画面をスクロール or クリック等しなければならないのは面倒に思います。解像度の低いミニノートPCなどからのアクセスでは特に。
一方、人気記事の紹介などのインフォメーションを最上部に持ってくる考えも一理あります(初めての読者に対し、どの記事を読めばよいか情報を与える意味で、お勧め記事の情報が上部にある事は重要に思う)。
うちは、そのいいとこ取りで、記事は記事としセンター上部に、人気記事情報も比較的目の行きやすい右カラム上部に設置しています。

TOPに記事の全文を表示せず、続きを読むとする

これも画面のスクロール量に関係して。
必ずしも全ての記事が全ての読者の興味にマッチする訳ではないので、面白いと思った記事のみ最後まで読んでもらう。むしろ興味の無い記事はさっさと飛ばして、別の記事に目をやってもらった方が良いのかなと。

記事の最後に関連記事を表示する

記事を読み終わった際に、「他にもっと面白い記事があるよ!」と情報を提供する。
これはかなり効果が高いと思います。
実際、私が検索エンジンから何かを探してブログにたどり着く際の行動パターンは、この様に記事下の関連記事情報から次の記事を探す事が多いですし、あとはブログ内検索ですかね(検索窓も目に付く位置に設置)。

記事フォントサイズは業界トップブログを標準に

うちのブログへ来るお客さんの最も多い参照元はやはり「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」です。うちのブログに飛んできて、フォントが小さいと見にくいと感じるでしょうから、昨年(?)あちらのブログがフォントを大きく変更した際にこちらも追従しました。

実はこうして影で色々と小細工をしているのですが、今回の様に失敗する事もあります。今後も急に表示がおかしくなったなど、何かありましたらコメント頂けるとありがたいです。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)