円高につきブルーレイ・ソフトも海外より購入

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

前回、Amazon.comを利用して海外の限定品を購入しました。

関連円高につき海外Amazonを使ってみました

今回、第2弾としてブルーレイ(Blu-ray, BD)・ソフトの個人輸入の例を紹介します。

ブルーレイ規格のリージョン規制は、下図の様に分けられています。
日本はリージョンAなのでで米国製や韓国製輸入版が再生可能(※DVDのリージョン規制は異なります)。

BDリージョンwikipediaより)

また、ブルーレイは容量が大きい為に、多言語字幕・音声が収録されている場合が多く、米国版でもちゃんと日本語字幕・音声が入っていたりします(※要事前確認)。

アメリカでは為替要因など関係なくても、もともとブルーレイソフトが安いですし、日本では未発売・未ブルーレイ化のタイトルも出ています。円高の今、これは上手く利用したいものです。

今回私がBD版で購入したのが、「ダークナイト」を見てからずっと欲しかった、前作の「バットマン ビギンズ」と、最近ブルーレイ版が発売され話題となった、なつかしの「AKIRA」。

いずれも、米国版ですが日本語音声、日本語字幕がちゃんと入っていました。

国内で購入した場合(Amazon.co.jpの現在値)、

バットマンビギンズ ¥ 3,699
AKIRA ¥ 6,060
国内送料無料
計9,759円

一方今回の米国版の請求(Amazon.com)は,

Batman Begins $17.99
AKIRA $ 29.99
Shipping&Handling $ 15.97
Total $63.95

今回は、急ぎではなかった為、前回よりも安く遅い送料プラン(Expedited Shipping)を選んでいます。手元に届くまで2週間ちょっと。(送料について/Amazon.com

それにしても、バットマンはともかく、日本発のAKIRAの価格が日米でこんなに違うのは納得が行かないですよね。一物二価ですか。

インターネットと流通の発達は目覚しいですが、裁定取引って意外と働かないもの?上手く情報を仕入れて賢く買い物をしましょう!

Photo credit: webb790709 via Visual hunt / CC BY-NC

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)