マネックス資産設計ファンド(育成型) 第2期運用報告書

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

うちの妻が毎月1万円を積み立てている、「マネックス資産設計ファンド<育成型>」ですが、1月13日に第二期決算があり、運用報告書がUPされていましたのでまとめておきます。

ちなみに昨年第一期の報告書に関する記事はこちら。

1.運用実績

今期の騰落率は-30.0%
今期のパフォーマンスについては何も言いませんが、少なくとも私よりは成績が良いです。ベンチマークとの乖離も比較的小さく抑えられています。

各マザーファンドの状況(ベンチマークとの比較)
国内株式 -39.77% (TOPIX配当込み -39.73 %
外国株式 -52.04 % (MSCIコクサイ・インデックス配当込み -51.67%
日本債券 +2.75 % (NOMURA-BPI総合 +2.62 %)
外国債券 -18.64 % (シティグループ世界国債インデックス -18.19%
国内REIT -45.98 % (東証REIT指数 -46.26 %
外国REIT -56.06 % (S&P/シティグループ・グローバルREITインデックス -56.21%

2.諸費用明細(1万口当たり)

信託報酬 82円
売買委託手数料 0円
有価証券取引税 0円
保管費用等 1円
合計 83円

信託報酬=期中平均基準価額×信託報酬率(0.9975%)より、平均基準価額を算出すると約8,220円となります。これより今期の実質の保有コストは1.01%でした。前期(1.03%)と変わらずですが問題なし。

3.売買の状況

今期売買高比率
国内株式パッシブ・ファンド・マザーファンド 0.53
外国株式パッシブ・ファンド・マザーファンド 0.61

4.利害関係人との取引

利害関係人との取引はありません

期末時点の基本資産配分比率は、日本株式:17%、外国株式14%、日本債券:23%、外国債券:25%、日本不動産(リート):13%、外国不動産(リート)8%

運用については問題無いのではないでしょうか。最近は更に低コストのバランスファンドが出ていますので、信託報酬率が下がれば本当に文句無しなのですが。

マネックスラウンジでは、運用元のDIAMアセットマネジメント 岸浦氏による運用状況の説明ビデオ(48分)と資料がアップされているようです(私はまだ見ていませんが、資料を見ると面白そうです。後で見ます)。

パフォーマンスについては「仕方が無い」のでBuy&Forgetで良いと思います(妻のように)が、きちんとした運用がなされているか?については、今後も年1回はきちんとモニターしたいと思います。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)