円高につき海外Amazonを使ってみました

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

スーパーなどでも円高還元セールが目立ってきましたが、更に円高メリットを享受する為に海外通販でショッピングを試してみました。

Amazon.com(米国版Amazon)」や「Amazon.co.uk(英国版Amazon)」を見てもらえば良いですが、同じ物でも円換算すると全然値段が違うんですね。急激に円高が進行した現在、海外サイトまで含めて価格を調べる手間をかければ、かなり安く欲しいものが手に入る可能性があります。

手間と言ってもAmazonなら、各国共通のインターフェイスですし感覚で操作出来るでしょう?

英語が判らなくても、極端な話、住所さえ英語で表記できれば買えてしまいます(ある程度のトラブル対応できないと困るでしょうが)。

特に国内未発売の商品なら、転売も視野に円高の今がチャンス!?

と言うわけで、今回Amazon.comで購入してみたのが、北米限定カラー(コバルトブルー/ブラック)の『NINTENDO DS Lite』です。海外版でも日本語表示に変更可能で同じように使えますし、珍しい色なのでプレゼントにも面白いんじゃないかなと。

スポンサーリンク

このコバルトブルー/ブラックの『NINTENDO DS Lite』は、国内の業者による並行輸入品が楽天市場などで売られていますが、税込15,480円+送料525円(計16,005円)がネットで見たところ現在の最安値のようです。

一方、今回のAmazon.comでの費用明細は以下のとおり。

Price $129.99
Sipping&Handling $26.98
Import Fees Deposit $7.85
Total $ 164.82

追記(3/19):その後「Import Fees Deposit」分の$7.85が払い戻されましたので、Total $ 156.97でした。

VISAのレートが1ドル91.919円で請求が上がって来ていますので、日本円で計15,150円のお買い物。
まぁ、結果として支払額は激しく安い訳ではなかったですが、国内での買い物に比べて手間がかかる訳でも無いので、上手く使えば良いですね。

今回の日本への送料は「Priority Courier Shipping」という最も高く早いコースでしたが、まとめて買えば1品当りの送料は安くできますし、本やCDなどでは安く遅いコースも選べるようです(送料について/Amazon.com)。また、木曜夜に注文して、月曜朝には到着するスピード発送。梱包にも問題ありませんでした。

VISAの為替手数料については、2%程度上乗せされているようです。ドル決済もできるクレジットカードやデビットカードを用いれば為替手数料も更に抑える事が可能です。

住信SBIネット銀行が1月27日より開始したVisaデビット付キャッシュカードは、なんと「円」に加えて「米ドル」による決済が出来るではないですか! 参照Visaデビット付キャッシュカードの取扱開始および記念キャンペーンについて|住信SBIネット銀行 ■Visaデビット付キャッシュカードの特長 ・ 月間のデビット利用金...

そんな感じで、Amazon.comでの初の買い物でした。
今回、所詮は子供のおもちゃの購入だった訳ですが、日本で発売されていないものが、こんなに簡単に安く買えるとは、インターネット恐るべし。

海外通販も奥が深いので、色々と見ていくと面白くてハマルでしょう。手を出しやすところでCD、ブルーレイソフトあたりからどうぞ。

前回、Amazon.comを利用して海外の限定品を購入しました。 関連「円高につき海外Amazonを使ってみました」 今回、第2弾としてブルーレイ(Blu-ray, BD)・ソフトの個人輸入の例を紹介します。 ブルーレイ規格のリージョン規制は、下図の様に分けられています。日本はリージョンAなのでで米国製や韓国製輸入版が...

Photo credit: JeepersMedia via Visual Hunt / CC BY

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事