STAMインデックスシリーズ第2期決算

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

インデックスファンドの中でも低コストで評判のSTAMシリーズですが、先月11月10日で第2期決算をむかえ、その運用報告書が送られてきました。webにもUPされています(ちなみにこれらのファンドは半年毎決算ですが、前期についての記事はこちら「STAMインデックスシリーズ 運用報告書UP(半期決算) 」)。

  • 「STAM TOPIXインデックス・オープン」
  • 「STAM 国内債券インデックス・オープン」
  • 「STAM グローバル株式インデックス・オープン」
  • 「STAM グローバル債券インデックス・オープン」
  • 「STAM J-REITインデックス・オープン」
  • 「STAM グローバルREITインデックス・オープン」

今回もちゃんと全ての中身を見ていませんが・・・

例えば、私の積み立てている、「グローバル株式」は、信託報酬32円、その他のコスト6円、売買高比率0.28と、コストがかからないように良く押さえられているようです。

また、前期もややコストが高いかと気になった「グローバルREIT」ですが、信託報酬38円、その他費用50円(保管費用44円、売買委託手数料5円、有価証券取引税1円)と、やはりその他のコストが結構膨らんでいるようです。

信託報酬額=期中平均基準価額×信託報酬率(年率0.8610%)÷2ですので平均基準価額を算出すると、約8,827円と計算されます。これより今期(半年間)の実質の保有コストは0.9969%、年率にすると2%弱って事ですね。
うーん・・・

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)