STAM 新興国株式&債券インデックス・オープン

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

今月15日に新規設定予定されている、「STAM 新興国株式インデックス・オープン」及び「STAM新興国債券インデックス・オープン」の両ファンドですが、先日の住信AMの発表により各ブログでも注目を集めたものの、非常に重要なポイントである、実際の販売手数料を各証券会社がどのように設定してくるか(資料には上限3.15%と記載)が不明でしたので、このブログこれまで記事にはしていませんでした。

ですが、本日マネックス証券にて、ノーロード(販売手数料無料)での販売開始が正式に案内されました!!
(※カブドットコム証券がいち早くノーロード取り扱いを発表していましたが、私は口座を持っていないもので、今回ようやく喜べた訳です♪)

STAM 新興国株式インデックス・オープン

  • 信託報酬 0.8715%
  • 信託留保 0.3%

STAM 新興国債券インデックス・オープン

  • 信託報酬 0.7560%
  • 信託留保 0.3%

(追記12/6:楽天証券でも取り扱い開始が発表されていました!ノーロードです。

(追記 12/8:一足遅れてSBI証券でも取り扱い開始が発表されました!もちろんノーロードです。)

コストの安い新興国株式ファンドとして現在購入可能なものは、「年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式F」と「FWFエマージング・マーケット・ファンド」があげられますが、「年金積立」は申込手数料1.05%がネックとなっていました(信託報酬 年率0.8925%)。
「FWF」は申込手数料なし(フィデリティ証券)ですが、信託報酬 年率1.5%

私の場合、毎月定額積立購入し1~2年で、海外ETF(VWO)へ乗り換えるつもりですので、コスト面から「年金積立」よりも「FWF]を選んで購入していました。

それも今回、さらに低コストのものが出てくる事になりましたので、積立ファンドをSTAM新興国株式へ変更する事を決定します。
早速手続きを行う予定。

相互リンク先ブログの動向は?

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)