今回の相場の経験を記録しよう

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

マネックス証券のwebサイトにて、「応援します!本気の資産防衛術」という記事がupされており、内藤忍氏もこれからも投資を続けていく人のために3つの提案をされています。

  • <提案1> タイミングを予想するのは、やめてはどうか?
  • <提案2> これからの資産配分について見直してみてはどうか?
  • <提案3> 今回の相場の経験を記録しておいてはどうか?

提案1及び2はこれまでに何度も言われている事ですので、詳しくはマネックス証券のサイトを見て頂くとして、提案3「今回の相場の経験を記録しておいてはどうか?」と言う話はこれまであまり聞かなかったですかね?
これには、私も全面的に賛成します。

今の状況で何を考え、どのような行動を取ったのか?
経験を記録しておく事で、「将来同じような状況になったらどのように行動すべきか?」「何を準備しておくべきか?」が明らかになりますし、ブログなど文章にする事で自分の頭の中も整理されます。


ブログ記事は後々記録として役に立つ

私は4月の時点で「不況に備える為に何が出来る?」と言う記事を書いていましたが、その中で「米国発の不況は私自身の解雇にも繋がり得るので、手元の現金に余裕を持っておこう」と生活防衛資金の増額について記載していました。

4月と言えば、一度株価が底を打ったと感じた時期だったでしょうか?その時に上記の様な判断をしていた事が、今の私の状況にとっては大変助けとなっています。

このブログの記録が、今後、私を含めた誰かの役にたてばと思います。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)