証券会社の口座開設が急増だそうです

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

 株式相場の急落を買いの好機ととらえる個人投資家が増えている。直近の1週間で対面、オンライン経由ともに証券会社の個人投資家による口座開設が急増し、日経平均が2万円に迫った2007年春以来のにぎわいをみせている。
 マネックス証券の松本大社長によると「口座開設の申し込みがものすごい勢いで増えている。10月10日から14日は口座開設の請求が通常の5倍くらいに増えた」
 SBI証券でも、同11日から13日に口座開設の資料請求が約6000件に上った。その前の週末である4─5日に来た資料請求件数は約1350だったため、1日あたりの平均を比較しても、およそ3倍の投資家が口座開設に動いたことがわかる。

いや~ホントに??

株価が大きく下がると個人の動きが活発化すると良く言われますが、こうして口座開設まで増えるというのは想像出来ませんでした。

投資に縁の無かった人が新規に始めると言うよりは、投資経験があり休んでいた人がチャンスとばかり動き出したのでしょうかね。

投資家のすそ野が広がると言う事は、相場底入れのきっかけとしても期待できるかもしれません。

しかしまぁ、大多数の個人のお金の流れはどうなのでしょう?
個人マネーの行方は?!」で書いたように、元本保証の安全資産に向かっているのが本流の様に感じますが・・・(私はこれまでと変わらず毎月定額を投資信託の購入にあてていますが)

こんな時にも口座を開設して投資を始める人が多いと言うこのニュース、本当に驚きましたし、心強く思います。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)